TOP > スポーツ > 京都再建は中田一三新監督へ「ビジョン面白い」社長 - J2 : 日刊スポーツ

京都再建は中田一三新監督へ「ビジョン面白い」社長 - J2 : 日刊スポーツ

14コメント 登録日時:2018-12-22 23:27 | 日刊スポーツ[サッカー]キャッシュ

J2京都サンガFCが22日、京都市内でサポーターに向けて「2018シーズン総括会」を行った。クラブからは1日付で就任した伊藤雅章新社長(60)と細川浩三取締役… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(14)

社長と監督の関係はダメだったようですね。
何を求め、何を期待しているか?
ビジョンに共感したのであればサポートせな。
_
新指揮官の選定には伊藤社長自ら「5時間ほど話した」といい「選手を引っ張れるか、ビジョンを聞いたら面白かった。私が選んだ」と説明した。
京都再建は中田一三新監督へ「ビジョン面白い」社長(日刊スポーツ)

少し静観しよう・・・・・
再来年はJ3陥落?(´・ω・`)
ビジョンが面白くてもそのビジョンを落とし込んで実行する能力がないとあれなんですけどね…。
しれーっと岩崎のオファーが本物な事を認めている件。
サンガ経営陣はプロスポーツ経営失格の認定を受けるべきではないのかな?ユンさんを獲得してほしかった…関西に住むと言ってたし渡りに船だったはず。
朝からこの記事見て1人ブチギレてる💢
別にネガティブとかにはなってないけど、発言が軽々しくてなんか悔しい気分…
当たり前やろビジョンクリエイターやぞ
鹿島の後はフロンターレですか ‥。どんなけぶれまくってるんだか。
中田一三監督がどうこうというより…。
京都サンガは、誰を監督に選んでも、基礎のない砂地に楼閣を建てるように感じてしまう。

今のサンガに必要なのは、クラブの基礎を作れる人材。クラマーさんみたいな存在。
クリエイトが入ってないからやり直し
一言一句話された事、全て読みたい
現役時代、四中工三羽烏で一番好きなのは中田一三でした。ジェフで3人揃った時、嬉しかったなぁ。世間は中田といえば中田英寿一色の時代だったけど。
「サンガも(川崎)フロンターレのように信じて貫けるような『これ』という(基盤がある)サッカーを作っていきたい」
鹿島の次は川崎か。今日の説明会、新経営陣が早速ダメっぷりを露呈していたようで。
京セラ社長+細川浩三、地獄の組み合わせやね。本当に地獄。
以上

記事本文: 京都再建は中田一三新監督へ「ビジョン面白い」社長 - J2 : 日刊スポーツ

いま話題の記事