TOP > スポーツ > G大阪東口が右膝靱帯負傷 病院に行かず経過観察 - J1 : 日刊スポーツ

G大阪東口が右膝靱帯負傷 病院に行かず経過観察 - J1 : 日刊スポーツ

ガンバ大阪GK東口順昭(32)が右膝を負傷した。前半9分に自ら座り込んだ。手当を受けて同12分にプレーを再開したが、前半だけで退いた。東口は「ピッチを蹴ってし… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(11)

東口の怪我は右の靭帯か。J1残留に向けてまだ油断はできない位置にいるけど、古傷のこともあるだろうから完治するまでは休んでほしい
おいおい、大丈夫なのか…。チームのムードが良い中、一番怖いのは怪我人を出すこと。もちろん浦和戦にも出てほしいけど、それ以上に無理はしないでもらいたい😣
浦和まで間に合いそうか?
地球を蹴ったらアカン… /
やはり心配(・ω・`)
病院一応行ってや。/
ルヴァン負けといてよかったなぁ()
病院に行かず経過観察@nikkansports より
試合後、宮本監督は「右膝の内側の靱帯を痛めた」と説明。それでも大事には至らなかったため、病院には行かず経過を観察。指揮官は「幸い1週空くので次戦(11月3日浦和戦)に向けて治療できたら」と慎重に調整していく構えだ
良かった軽傷だった
試合後、宮本監督は「右膝の内側の靱帯(じんたい)を痛めた」と説明。それでも、大事には至らなかったため、病院には行かず経過を観察する。指揮官は「幸い、1週(試合が)空くので次戦(11月3日浦和戦)に向けて治療できたら」と、慎重に調整していく構えだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR