無観客開催で忙しい「Jクラブ運営担当」の仕事とは - サッカー現場発 - サッカーコラム : 日刊スポーツ

新型コロナウイルスで中断していたJリーグが、J1は7月4日から再開されることになった。本番まで1カ月を切った現在、各クラブで最も忙しいのが「運営担当」だ。一般… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(10)

無観客でも再開してくれることに感謝🙏❤️
こりゃ大変だわ。

とくにこれは十分ありえる事態やしな

>(1)無観客ながら警備は通常並み。会場への不法侵入がないか当日、警備員を各所に配置へ
ネコや鳩がひょっこり現れる光景が
無観客でも警備は通常並みとなると経費が出ていくだけなので大変ですね… →
ファジアーノ岡山の
あの方も忙しいのだろうか
試合会場の現場責任者
どんな穏やかな性格の人でも試合当日は人相が変わる。それほど過酷で忙しい。
無観客試合は今までの何倍も苦労しそう。
無観客試合開催時は会場がわかってても近づかないようにね。
クローズド〜段階的な観客動員こそ実施・対策することがたくさんあるし、めちゃくちゃ気も遣うと思う。ワシらファン・サポーターは余計なお手間を掛けないようにせにゃイカンね
#Jリーグ #サッカー #運営担当
運営担当はこれまで以上に厳しい条件の下で運営を進行しなければならない。無観客の次のステージとなる5千人上限をどうやって来場者を区切るのかはシーズンパスが多いクラブは大変な作業となる。
以上
 
PR
PR