TOP > スポーツ > マラソン代表一発勝負MGCは、どん底から始まった - 東京五輪・パラリンピック300回連載 - 五輪コラム : 日刊スポーツ

マラソン代表一発勝負MGCは、どん底から始まった - 東京五輪・パラリンピック300回連載 - 五輪コラム : 日刊スポーツ

24コメント 登録日時:2019-09-12 10:37 | 日刊スポーツキャッシュ

男女とも上位2人が20年東京五輪の代表に内定する「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、明治神宮外苑発着で行われる。出場基準を満たした男子… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

Twitterのコメント(24)

たった43人のマラソン大会。
このために都心の交通を止めるとは本気過ぎる。
マラソン代表一発勝負MGCはどん底から始まった
>「ファイナルチャレンジ」男子は2時間5分49秒女子は2時間22分22秒を切った最速選手選出→男子はほぼ無理、女子は可能だが、女子は五輪競技化されてから最悪の低迷期だからこの記録すら出せないかも…
マラソン代表一発勝負MGCは、どん底から始まった(日刊スポーツ)
超楽しみ!
国内マラソンで絶対に負けられない戦い的なシチュエーションは新鮮なので、ちょっとTV見てみようかな
今までのやり方も全部が全部悪かったとは思えない。
だとしても、客観性が確保され、当人たちも1番納得いくであろうこの形で決まるのはいいんじゃないですかね。

これは良記事
発案者の瀬古さんが
いちばん不明瞭な選考で
代表の座を得ていたという歴史を
どう説明したらいいのでしょうか?
しかし、十分すぎる実績のあった瀬古はロス五輪で...|
『瀬古利彦「ぽっと出の選手はダメだ。たまたま選考会だけ走った者でなく、五輪までに最低でも2度のマラソン好成績を求めた。」』
アメリカの陸上界は、昔から一発勝負。コンディションを調整するのも、精神面を保つのも実力の内。だから強いんだ。
男女とも上位2人が20年東京五輪の代表に内定する「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、明治神宮外苑発着で行われる
道路に交通規制の横断幕とかあったから何かと思ったら選考システムが今回から一発選考に変わるのね。毎度揉めてたもんね。
井上、大迫、設楽かなー。
日曜日に男女とも3人決まるのか。
今回は3位までの選手が選ばれるんだ。
これホンマに画期的やわ。
今週末でしたよね。開催。おもしろいガチ勝負。大迫vs設楽。
でも我が家にはテレビないので見れない・・・(そもそも放送するのかもわからないw)
---
「一発選考」には、私も賛成だけどさ。瀬古利彦さんがあまりそれを強調しすぎると、「ソウルオリンピックの時は福岡国際が一発選考のレースじゃなかったっけ?」と言いたくなる。
MGCは楽しみでしょうがない。

だけど、オリンピックでメダルメダル言い過ぎじゃない?
今シーズンの世界ランクでは、
6分切りは16人、7分切りは39人。
日本人最高は設楽の55位。

もちろんメダルはとってほしいけど。
まとりあえずMGCに注目。
幸い日曜日はマラソンにとっては最高の曇り予報が出ている。気温は25℃前後か?
選手にとっては好条件だが本番(猛暑)には結びつかないかも?
馬番予想みたいなんな?これ。。。
MGCができるまでの舞台裏に迫りました。どのような時間を追い、“聖域”だった複数選考会から転換が至ったか。

従来選考のマイナーチェンジ
→新設レースでの3人内定
→今の2人+1人

いろんな人の思いが重なり合い、曲折し、完成したレースです。
以上

記事本文: マラソン代表一発勝負MGCは、どん底から始まった - 東京五輪・パラリンピック300回連載 - 五輪コラム : 日刊スポーツ

関連記事