TOP > 政治・経済 > 日本なぜ死者少ない?吉村知事と山中教授ナゾ解明へ - 社会 : 日刊スポーツ

日本なぜ死者少ない?吉村知事と山中教授ナゾ解明へ - 社会 : 日刊スポーツ

大阪府の吉村洋文知事(44)とノーベル医学生理学賞受賞者で京大iPS細胞研究所の山中伸弥教授(57)が12日、新型コロナウイルスの第2波を食い止めるために強力… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(14)

山中教授ってCOVID-19の専門家ではないけど、技術情報を国民に伝えるためのコメンテイター的な立ち位置なのかと思ってたのだけど
いつの間にか病気解明の中心人物になってたの?
何か違う気がする
別に司令塔でも構わんけど
@sekimuyuutaroo @HidehiroSaka 12日の記事ですが
”日本なぜ死者少ない?吉村知事と山中教授ナゾ解明へ”
6月12日

<日本などアジア諸国の死者がなぜ相対的に少ないのか?山中教授が「ファクターX」と呼ぶナゾの解明に乗り出す。...これ以上経済への影響が出ると、日本も大阪も持たない>
→期待したいです
この人達にコロナの研究してほしくないです…ロックフェラー大教授の山中さんね、トホホ…
①既にコロナ免疫がある②BCG説③欧米に比べ微弱ウィルス
諸説は出てるがやはりBCGでしょ!
①ならSARSによる死人が日本で出てるはず
コロナの死者数すくない理由を尾美いい院長は①医療体制②クラスター潰し③国民の健康意識と言ってた。

しかし、この理由だとアジア全体には当てはまらないんだよね。
これは、是非研究して欲しいと
想います。。

「コロナウィルス系」なのに、
夏場でも、何故、感染が拡大するのか?

抗体を獲得した後でも、
再び罹患するコトがあるのは何故か?

その上で、何故、
東アジア地域のヒトが、
重症化率、死亡率が低いのか?
これは凄いノーベル賞受賞の山中教授ならきっとこの謎を解明してくれるはず😆民度などで片付けるのでは無く科学的に証明してくださいお願いします🥺
大阪、吉村知事と山中教授がタッグ‼
すごいなぁ。
s新型コロナウィルス
 日本の死者少なく、吉村知事と山中教授ナゾ解明へ

死者は千人未満
 指定感染症を外し、開業医へ処方開放だ
 そうならインフルと大差なく...昨年死者3千人・関連死含め1万人・入院2万人・感染1千万人、季節性1~3月の3ヶ月集中も医療崩壊なし
色々あって大変やけど、私何時も通りです。日本で世界で何人死んだと喧しいが、飢餓や貧困で死んでる人の方が多いやろ
大阪府の吉村洋文知事(44)とノーベル医学生理学賞受賞者で京大iPS細胞研究所の山中伸弥教授(57)が12日、新型コロナウイルスの第2波を食い止めるために強力タッグを組んだ。
←なんで「吉村と…」という文字が必要なの? #在阪スポーツ新聞5紙の偏向記事に抗議します
山中教授からPCR検査の拡大に助けの手を差し伸べたのに安倍首相は何もしなかった。本来ならば国が山中教授と組んで解明すべきことのはず。感染研の利権ばかり気にするから大事なことができない官邸。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR