TOP > 政治・経済 > コロナ影響で老舗旅館が倒産 国内初の経営破綻か - 社会 : 日刊スポーツ

コロナ影響で老舗旅館が倒産 国内初の経営破綻か - 社会 : 日刊スポーツ

10コメント 2020-02-25 21:47  日刊スポーツ

東京商工リサーチなどによると、愛知県蒲郡市の老舗旅館「冨士見荘」が今月中旬に廃業し、25日までに破産手続きに入った。中国人ツアー客を中心に経営していたが、1月… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(10)

国内初の経営破綻か(日刊スポーツ)

反日暴動の時に何も学ばなかったのか。あんな国家もどき、政策で何でもやるわけで。稼げる時に稼いどけならわかるとしても、依存するのはいかがなもかと。しかし稼げる時に稼いだ蓄えもう無くなったの?
- 日刊スポーツ
これはまあ、自業自得に近いかと
インバウンド需要頼みだとこうなるのは時間の問題。国内需要も自粛ムードでガタ落ち。終わりの始まりの感覚。
審議中・・当然予想された事じゃね。中国客見越した零細業者はほとんど倒産ラッシュになる可能性もあるからのう・・。半年から1年の緊急支援策をすぐやれとあれほど・・・と妄想/
コロナが来なくても倒産してたと思う。
一本足で立っているような企業は、その足場が揺らげば転ぶのは当然だよね
ココ感染者病棟にしたらええやん
※数年前からインバウンドシフトしてるという話を聞いて、もう来てしまったのかという感覚。愛知は昇龍道という独自の取り組みにも、ゴールデンルートの中間点としても、インバウンド需要は大きかっただけに、、、
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR