TOP > 社会 > 人気作家・湊かなえさん直木賞4度目選外の理由とは - 社会 : 日刊スポーツ

人気作家・湊かなえさん直木賞4度目選外の理由とは - 社会 : 日刊スポーツ

43コメント 2020-01-15 21:20  日刊スポーツ

第162回芥川賞・直木賞の選考会が15日、都内で行われ、「落日」で直木賞にノミネートされていた人気作家・湊かなえさん(46)が受賞を逃した。湊さんが候補となる… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(43)

湊かなえ、商業作家としては成功を納めてるのか知らんが、本業の文章自体は作家としてはお粗末だと思う。ありゃ小説ではなく脚本。文章の厚みがなく何をよんでもつまらない。普通作品が映像化されると原作負けするもんだが湊かなえの場合は映像化されたほうが良くなるからなー
湊かなえ氏の小説は面白いけど、パズル的な面白さだと思う。
感心はするけど、感情を動かされることがない。
映像化された方が面白くなるのは、著者の残念な特徴になっていると思う。
もうすでに人気作家だから、たかが文藝春秋の社内賞なんかに縁がなくても何でもあるまい。
ノーベル賞を取る取ると言われ続けている、あの先生を思い出した。 /
湊さんに今更賞を渡さなくても、版元も書店も商業的には十分成功しているという大人の事情があるとするのは穿った見方過ぎますかね?
まあ、50年後には受賞か否かではなく、売れたかどうか、人々の記憶に残ってるかどうかが評価になるからなぁ。

:
所詮、芥川賞と直木賞は新人賞だから湊かなえには無用。
貰えるなら貰えた方がいいんだろうけど、湊さんの本は今さら賞とらなくても素晴らしいもの多いからな。
湊かなえさんは好きな作家さんだったけど、最初の「告白」の印象が強すぎるのと、その後の作品がやや単調なんやねぇ…|
単勝1.1倍、複勝1.0倍で飛んじゃった、って感じ?作家なら欲しい賞なのかな?芥川賞や直木賞って
宝塚記念とか有馬記念みたいなもの?
湊かなえさんはもう名の通った一流作家。

数々の賞を受賞している。

でも4回もノミネートされて選外になったら、さすがに傷つくだろうな。

もうノミネートしない方がマシなのでは。
和牛が優勝できない理由とダブる。
「何回も候補になると、どうしてもタテの評価が生まれる。前の作品の方がいいのに、これで(直木賞を)あげるのかとか、前作と比較してしまう。(ノミネートの)数を重ねるのは不利です」

羽生くんのGOEもPCSも同じ。人間が採点するとはこう言うこと。客観性を高めて欲しい!
賞を獲るかというのは置いておいて、パズルのピースをひとつずつはめていって、最後に物語が完成する書き方が好きです。
「ストーリーテリングに一日の長があるのは歴然」なのに選ばれないのは何故?中東の笛?
だって、前の作品とか関係無いじゃん。合わせ技一本じゃあるまいし。。。
ちょっとネガティブな記事でモヤモヤするけれど、、、。

湊さんの作家としての素晴らしさは既に「周知の事実」。
“今回は”『熱源』が受賞の流れを作っただけのこと。
文学も「ライブ」で「生モノ」なんです。
だいぶ前のK-1でいうレバンナみたく無冠の帝王のまま突き進むってのはどうなの
某委員は「ノミネートを重ねるのは不利」と言うが、作品の本質とは違うのでは。
果たしてフェアな審査と言えるのか。
作者名を伏せて審査すべきでは。
タイミングなんだろうか、もう選考委員にいても良い貫禄ですが😩
「贖罪」で受賞しなかったのがおかしいけど、伊坂幸太郎氏も宮部みゆきさんも東野圭吾氏も恩田陸氏も何度も逃し受賞、売れると逆に受賞しにくい😨
“やれやれ(ハルキ風に)”
何をいまさら。宮部みゆきさんや東野圭吾さんの例もあるし「直木賞あるある」でしょ。 /
正直、今回は受賞すると思ってたんだがなぁ。
→ "前の作品の方がいいのに、これで(直木賞を)あげるのかとか、前作と比較してしまう。(ノミネートの)数を重ねるのは不利"
大好きな作家さんです。読みやすくて面白い。賞に関係なくこれからも面白い作品をたくさん読ませてほしいです。
エドガー賞の候補になってるような方が
直木賞とっても「今更感」が拭えないと思う。
たとえ候補でも、あっちの方が遥かに価値が上なんだから。
M-1も“タテの評価”だよなぁ。

「湊さんは4回目の候補。何回も候補になると、どうしてもタテの評価が生まれる。前の作品の方がいいのに、これで(直木賞を)あげるのかとか、前作と比較してしまう。(ノミネートの)数を重ねるのは不利です」
本人がどう思ってらっしゃるかにもよりますが個人的にはどうでも良いのでは。

彼女の作風が世の中で理解され(私も好き!)、超人気作家になってるのだから冠なんぞいらないのでは?
そういえば作者が何らかの賞を受賞しているか、を基準に小説を選んだことないかも。
湊かなえ作品は好きな順に『高校入試』『花の鎖』『リバース』
まるでモーリス・ラヴェルだ。歴史に名を残すのは、4等賞のこの人だろう。
いつも内容が似たり寄ったりだからでは…?

まぁ全作品みてるわけじゃないけど。
湊かなえさんの作品が好きだから買うつもりがなくてもついつい手にしてしまう。そしてまた今度って思い元に戻す。
残念です。でも、基準って人によって違うから、自分が良いならそれでいいのかな?でもやっぱり直木賞をとってほしい!
湊かなえは確かにかなりの著作が既にある上、初期作と今の作風がだいぶ変わっているから、この記事のいう「タテの評価」がむずそうだなあ〜

あとそもそもの作風が独特だから、取りにくそう。
出版社としては問題なんだろうけど、、湊さん売れっ子だからな
イヤミスの女王・湊かなえさん
確か、向田邦子さんもなかなか直木賞を獲れなかったはず。
小説、漫画、絵本問わずネコ作品に賞をあげる「ニャオ気賞」というのをつくるのはどうにゃ?

人気作家・湊かなえさん 4度目選外の理由とは(日刊スポーツ)
賞は売れない作家が読んでもらうのに有効。すでに売れてる作家にはあってもなくても作品の価値が変わるわけではない。湊かなえクラスになると作品の良し悪しは選考委員ではなく読者が決めれば良いでしょう。→人気作家・湊かなえさん直木賞4度目選外の理由とは(日刊スポーツ
馳星周さんを忘れるな。6度も落ちてるんだぞ。でもって、まだ受賞してないんだぞw  【日刊スポーツ】
本人はもう今さら要らないんじゃないの?
湊かなえさん、残念
「タテの評価が生まれる」って何それっ!さっさとあげるか、そうじゃなきゃ、もうノミネートしないでくれたほうがよほどましかな。。。
そういうもんですかねぇ:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR