TOP > 社会 > 堺市長選は「維新VS反維新」丸山議員の影響懸念 - 社会 : 日刊スポーツ

堺市長選は「維新VS反維新」丸山議員の影響懸念 - 社会 : 日刊スポーツ

11コメント 登録日時:2019-05-26 20:00 | 日刊スポーツキャッシュ

政治資金問題で竹山修身前市長が辞職したことに伴う堺市長選が26日、告示された。いずれも新人で、自民党市議らが支援する無所属の元市議野村友昭氏(45)と、政治団… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

Twitterのコメント(11)

丸山の影響?んな事より野村陣営内部から聞こえてくる「負け戦やな」の声が全てやで。
松井市長。堺市の破壊活動、お疲れ様です。
「勢いに乗る維新だが、北方領土返還問題で「戦争」発言をした丸山穂高衆院議員(大阪19区)は堺市出身。選挙戦の影響も懸念される。」
日刊スポーツはなんちゃら党ニワトリを泡沫扱い😢
ま、当然だけど(笑)
諸派ですか。宅配を止めて正解でした。
ヤフコメがヤバいな。
いやいやいや丸山さんの影響とか言う前に竹山元市長を追及しなかった自公共産がよくもまあ候補者立てたなくらい書いてよね。
もう全国民が堺市はそういう人しか輩出しない地域と認識しているよ?
日刊スポーツは、「維新VS反維新」とした上で、立花孝志さんを「諸派」と記載し、「事実上の一騎打ちとなる見通し」と報道しています。
以上

記事本文: 堺市長選は「維新VS反維新」丸山議員の影響懸念 - 社会 : 日刊スポーツ

関連記事