TOP > 社会 > 村西とおるさん、貧しさと原発…故郷・福島への思い - 社会 : 日刊スポーツ

村西とおるさん、貧しさと原発…故郷・福島への思い - 社会 : 日刊スポーツ

19コメント 登録日時:2019-03-05 07:49 | 日刊スポーツキャッシュ

平成23年(2011)3月11日に発生した東日本大震災、福島第1原発事故から間もなく8年。復興は進んでいるが、福島には今なお名古屋市とほぼ同じ面積、337平方… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(19)

@HPFBdormant @MIHIRO_HINOTORI これ思い出しました。

村西とおる「諸悪の根元は貧乏なのでございます。」
村西とおる さん「出稼ぎに行く際、「息子の下着をつけると若返る気がする」と言って、おどけた父親の顔が思い出されます。大きな背中を丸めてさめざめと泣く、友の姿が忘れられません。以後、学校で友の姿を見ることはありませんでした。」(構成=秋山惣一郎)
あまりにも好きな文章で読後のスッキリ感が凄い
AV監督の村西とおるだからと馬鹿にするなかれ、率直に福島県浜通りの実状が語られた良いインタビュー記事です。
これはとてもナイスなインタビューでございますね。。
よんでほしいです。
村西「震災後、故郷を歩いて涙が止まりませんでした。思い出の場所が、あそこもここも、破壊されてございました。あぜんとして立ちつくすしかなかったのでございます」/ - 社会 : 日刊スポーツ
「地元にとって原発は、良い悪い、右だ左だの問題ではないのです。リアルな生活の現実なのです。」
→そんなことは分かってる。そこに奴らが付け込んだんだ。
正論で心に響くな
僕は単純に、
福島の人たちはみんな
原発のことを恨んでいて
みんな反原発なんだろうと
勝手に思っていたのだけど、
そんな単純ではないみたいだ

- 社会 : 日刊スポーツ
いろいろ考えさせられる
村西監督の話が深いのはこんな背景が有ったからなんだね
原発を誘致した背景が上手く書かれています。
尻切れトンボな記事(⌒-⌒; )
「原発が光であった地域の歴史を知らず、ほら見たことか、とばかり、さかしらに反原発を唱える方もおられます。」
極めて真っ当なお話をされています
貧乏は原発より怖いってことか。
また原発産業はそんなとこばっかり
狙ってくからな。福井とか。
8年間福島に通って、私が知ったこと、強く感じたことと重なります。→AV監督・
以上

記事本文: 村西とおるさん、貧しさと原発…故郷・福島への思い - 社会 : 日刊スポーツ

いま話題の記事