山中伸弥教授が東京マラソン完走 自己ベストならず - 社会 : 日刊スポーツ

12年にノーベル医学・生理学賞を受賞した、京大iPS細胞研究所の山中伸弥所長(56)が、あいにくの雨の中を完走した。タイムは3時間半を切ったものの、2月17日… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(105)

それよりも、56歳で3時間台前半とかヤバいし。
> タイムは3時間半を切ったものの、2月17日の京都マラソンで出した3時間24分42秒には届かず、自己ベスト更新とはならなかった。

👦🏻iPS細胞の山中教授、スゲェ!
ノーベル賞受賞者で3時間半を切る人が他に居るだろうか(^^;
ぶっちゃけ、このタイムで走れるのは凄いわ。
気象条件や年齢を考えると凄いタイム!教授はランニングが好きだから良いとして、チャリティに頼らなくていいくらいの金を国は出すべきだ!
京都マラソンからまだ間もないのに、この好記録。なにしてもすごいお方だ。
使いこなせない戦闘機や迎撃機や空母なんか買う費用があるなら、中山教授の研究費用にそれを回してよぉ!!
山中先生すげぇ…
山中伸弥教授すごい!一流の人はマラソンも一流なんですね。56歳、しかも2週間前に京都マラソンを走ったばかりとは、リスペクトしかないでしょう。
 
PR
PR