TOP > 社会 > 東名あおり運転で懲役18年、遺族に直接謝罪はなし - 社会 : 日刊スポーツ

東名あおり運転で懲役18年、遺族に直接謝罪はなし - 社会 : 日刊スポーツ

12コメント 登録日時:2018-12-15 11:23 | 日刊スポーツキャッシュ

神奈川県内の東名高速道路でのあおり運転により夫婦が死亡した事故の裁判員裁判(深沢茂之裁判長)で、判決公判が14日、横浜地裁で行われ、石橋和歩被告(26)に懲役… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(12)

これ求刑に対し何故5年引いた18年になったんだろう?思ったんだけど、路上に雑駐車してた車に対して『邪魔じゃボケぇ!』とイキった父親の責任なんだろうなと。妻子連れた状態で他人に怒鳴るこの父親にずっと嫌悪感否めない。
“罪を憎んで人を憎まず”という言葉もあるけど俺は馬鹿だからこの言葉の意味が理解できない。

もし自分の家族や親族が被害者になってたら、18年後コイツがでできた瞬間にコロ◯すと思う。
福岡の事件では、高裁で地裁判決の3倍の懲役が出た。そうなってほしいわ。、、の
東名あおり運転で懲役18年、遺族に直接謝罪はなし(日刊スポーツ)

真摯に反省してない
未だに内心「何故自分が捕まった?」と感じてますね
どんな犯罪者でも反省心や犯した罪への信念を感じますが、彼からは微塵も感じられません
謝罪のツイートしたらちょうどいい記事が。

ねぇ謝罪意思のない人に
形だけの謝罪してもらって
嬉しいと思えんくない?

この人インタビューで謝りたいって言ってたけど、謝らんかったんやろ。

つまりはそういうことでは
務所でもオラオラしてろ。
詳しくは知らんけど
刑軽すぎるやろ
いやぁ、日本の懲役は短くていいですね〜〜〜
検察席の後方では、亡くなった萩山嘉久さん(当時45)の母文子さんらが見守ったが、石橋被告が文子さんや傍聴席に目を向けたり、謝罪などの意思を示すような場面は見られなかった。
自分のした行為がどれだけ危険な事だったのかも自分で理解していない様な印象を受ける
それ故に何を反省して何を償うのかも理解していない可能性も
求刑通りの23年でない所が非常に残念
問題は、控訴する可能性が高いと思われるので、控訴審がどう判断するかだ。非常に腹立たしいが。→
以上

記事本文: 東名あおり運転で懲役18年、遺族に直接謝罪はなし - 社会 : 日刊スポーツ

いま話題の記事