自民党若手「再びおごり」総裁選に向け提言「強引とも取られる政権運営」 - 社会 : 日刊スポーツ

自民党の中堅・若手議員の有志でつくる「党風一新の会」が10日夜、オンラインで設立総会を開き、総裁選に向けて「党改革を通じた政治改革」や「国民政党としての信頼回… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(3)

有権者の一票で選出された国会議員に上下は無い!
 政党は一般社会の組織とは違う!
 国会を開かない与党なら議員辞職すべき!
 独裁専制国家ではない!
 現行憲法遵守が政権の最低限の条件!
「会には衆院当選1~3回の議員約90人が入会した。代表世話人の福田達夫衆院議員は「おかしいと思ったことは、しっかり言っていく場が必要だ」

やるならもっと早くやれよ。「おごり」なんて今更だし、アンタら議員がずっと沈黙してたから自民党がここまで腐敗したんだろ。
以上
 
PR
PR