TOP > 社会 > ボートレースで故意に順位操作、600万円を折半 - 社会 : 日刊スポーツ

ボートレースで故意に順位操作、600万円を折半 - 社会 : 日刊スポーツ

10コメント 登録日時:2020-01-10 11:37 | 日刊スポーツキャッシュ

昨年7月に大津市で行われたボートレースを巡り、故意に順位を操作した見返りに現金を渡したとして名古屋地検特捜部に逮捕された会社員増川遵容疑者(53=津市)がレー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(10)

@itopiropii 共犯の親戚の預金口座に数億円あったと、、
どれだけ八百長レースしてたのかと😱😱
年収の高いA1クラスのレーサーが、競馬にハマりお金に困ったために八百長を始めるという闇が深い事件…
ボートレーサーが競馬にハマって八百長するとか……
苦労して競艇学校入ったやろうし、地道に頑張れば良かったのに…
まさか競馬にのめり込んだとは…
詳細きたねー
八百長で得た利益600万円を折半てことらしい
てか西川昌希の方が競馬にのめり込んでお金に困って話持ちかけたとかさぁ…
思った以上に繰り返しやってた様子。公正確保の根幹を揺るがす大事件だけど、競艇オフィシャルTOPのどこにも謝罪やらが載ってないように、関係者が客を舐めきってるのがよくわかる |
「西川容疑者が競馬にのめり込んで金に困り、増川容疑者に不正を持ち掛けたとみられる。」

って選手の方が主犯だったのか!
どーしよーもないなあ
悪いことしたのは間違い無いが、相当な事しないとわざと2着にはなれないと思う
まだまだあるよ。
怪しいレースがあった
以上

記事本文: ボートレースで故意に順位操作、600万円を折半 - 社会 : 日刊スポーツ

いま話題の記事