楽天三木谷浩史氏「もはや他に手はない」移民政策について私見 - 芸能 : 日刊スポーツ

楽天の三木谷浩史会長兼社長(56)が16日、ツイッターを更新し、日本の移民政策について私見を述べた。三木谷氏は「移民政策に対する不安は分かりますが、もはや他に… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(55)

給与も失業率も低いまま、労働者の権利を主張せず、奴隷労働に甘んじてきたツケ。
過去最高に儲けてる資産は分配せず、この言い草。
日本国民を使い捨て、次の寄生先を見つけるのが資本家の仕事ですから。
日本社会じゃなくて、楽天グループのためでは。
少子化対策の制度拡充と環境整備、それに伴う教育の充実を図っていく。少子化対策はすぐに結果が出ないが、長いスパンで見ると移民政策よりは有益。少子化対策のメリットが出るまでは、AIなどを活用すれば乗り切れると考えます
人口減少対策が「他に手はない」と言われても、移民政策が「手」にはなりません。
一時の補填だけ。
日本人が安心して結婚し、子供を産んでこそ人口は増えていきます。
そのための方策こそ考えるべきですね。
新コロ、オリパラでアレだけ排他的な
報道メディアで調子良い時だけ
無理でしょう
この程度の頭で会社経営してるんだから、楽天っていうのも大したことないなww 中国にでもいって商売してりゃいいだろ、売国奴が
経営者は安く使える移民を大賛成だろうな。日本らしさをぶち壊した原因は税制と雇用政策。
<酷俗三木谷 なんでこんな軽薄なの>
大手通販のポータルサイトがハゲとこの軽薄者とべそすんところしかないのがイラッとくるこの頃。
 ヨドバシじゃ手が届かないところがあるからなあ
ーーーー
余計なこと言って株価下げるなよ!黙ってろよ!そんなことより基地局何とかしろよ!(株主
韓国の起源説や反日本位制には閉口するし、ポジティブに見習うべき点は何一つないが、民主主義や資本主義の最も醜悪な到達点を見せてくれるという一点において反面教師となりえる
 
PR
PR