TOP > エンタメ > 尾上松緑 激怒ブログの反響「少々面食らっている」 - 芸能 : 日刊スポーツ

尾上松緑 激怒ブログの反響「少々面食らっている」 - 芸能 : 日刊スポーツ

歌舞伎俳優の尾上松緑(45)が、新型コロナウイルスのクラスターが発生した舞台「THE★JINRO」の関係者に激怒したブログの反響の大きさに驚きと複雑な思いをつ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(28)

いいと思うよ、このくらい言っても。
同じ舞台人という立場での発言で、至極真っ当な内容だと思うがな。
雑魚に小規模の娯楽興行をストレス発散のサンドバックにする口実を与えたので個人的にギルティ👿
反省される必要一ミリもないと思う ただしいことを言っている
反町隆史がここにもPOISON!
まあ、あんなことやって舞台の信用落としたら、また全舞台自粛(強制)になるからなぁ◆
スッキリで前田さんも仰っていたけど、舞台全体が同じだと思われるのは悲しい。
こんなに杜撰な対応をしていたのはこの舞台だけだと思いたい。
せっかくエンタメ・イベント業界が新たな形を模索し前進しようとしたタイミングでの、舞台クラスター発生。
これでまたエンタメが隔離されてしまうかもしれないし、エンタメ・娯楽業界の人々が怒るのは当然のこと。
同じことは水商売も同じで真面目にやってる人が損をして、我が身を可愛い人が迷惑かけてるのに得をする 業界に良し悪しが有るのではなく、個人のモラルの問題 ってか、役者なんだからこれくらい書いたっていいでしょよ、役所の人間じゃあるまいし
リアル「ガキが… 舐めてると潰すぞ」じゃん

>そして“罹患している可能性が有り、それを分かっていたのに出演し続けている者が居た”と云う事実」に対する怒りをつづり、「万死に値する」「慎め、餓鬼 舞台を舐めるなよ」などといった厳しい言葉で非難した。
話題の尾上松緑丈(=徳川家光公 )の怒りのブログを読んで来た。全く同感。強く支持。エンタメ界は志村けんという重鎮の死を忘れたかと思う。→
おっしゃる通りだよ。
松緑さんのおっしゃる通り、言いたいことも言えないというのはおっかないですね。言うべき人が言わないからね。激怒なんて言われちゃやだな。わたしはブログを読んで、自分の身を振り返ったよ。
舞台で仕事をしてる方々を考えれば、尾上さんに同情してしまう。
すごい良かったよ
間違った事言ってないもん。
怒ってもいいよ
少々過激な言い回しとは思うけど、ど正論だと思う。
疑わしい人物がいたのに強行したなどの報道が本当なら、この人の怒りはもっともだろう。ただでさえ、補償だ何だで間抜けな主張して反感を買った舞台関係者もいたのに
ブログを拝読しましたが、歌舞伎役者がこんなにも言葉遣いが汚いのかと、私も正直驚きました。
「素人」が起こしたと怒っていらっしゃるのなら、歌舞伎では絶対に感染者を出してはいけないですね。
言葉の荒さはあれではあるけど、内容に関してはなんら問題ないからいいんじゃないかと思う件。
松緑丈の言い分が至極真っ当でド正論だったから反響が大きかったんだと思うわ。
命をかけてる人と副業程度でやってる人の差だな。
「この素人が」などの言葉が当事者たちのプロ意識の欠如を指すもので舞台の内容自体への非難ではないことを願う。
ブログ読んだ。確かに言葉キツイが演劇関係者はみんな思ってることだと思う。有村昆みたいな素人が演劇界を未曽有の危機に追い込んだ。そのことは糾弾されるべきと思う。
>意見は昨日と全く変わらない でも、感情が立ち過ぎて、言い過ぎの言葉は有ったのかも知れない

多くのエンタメ好きの人間の怒りを代弁して下さったからこその反響
むしろあれ程強く言ってもらえて嬉しい
見たけど、表現したいことを表現する能力は舞台の上じゃなくても活きるのかと感じる文章。言ってることは間違ってはいないだろうし、実際他の舞台業界関係者が内心思ってることなのでは、と感じた。 |
案の定、尾上松緑さんのブログの趣旨を理解せず、的外れな舞台側の擁護をしている人がチラホラ
ご本人も認めているようだけど、あくまで言葉が過激だっただけで、指摘していることは舞台側は擁護出来んと思うのですがね。
松緑丈もビックリ🤗
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR