TOP > エンタメ > アップリンク元従業員浅井氏謝罪なく謝罪発表と怒り - 事件・事故 - 芸能 : 日刊スポーツ

アップリンク元従業員浅井氏謝罪なく謝罪発表と怒り - 事件・事故 - 芸能 : 日刊スポーツ

映画の配給や映画館などの経営を行う「アップリンク」代表の浅井隆氏(65)からハラスメントを受けたとして、東京地裁に同氏と同社に対して16日に損害賠償などを請求… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(10)

1と2の要求はハラスメント被害者の主張として理解できるけれど、退職したのに3、4、5、6を主張する権利ってあるのだろうか?|
先の謝罪文なるものに「いいね」してしまった。「だめ」でしたね

- 事件・事故 - 芸能 : 日刊スポーツ
アップリンク元従業員浅井氏
謝罪なく謝罪発表と怒り
(日刊スポーツ)
元従業員浅井氏謝罪なく謝罪発表と怒り
≪19日に、浅井氏の代理人から早期の和解に応じる意向が記載された書面は送られてきたものの、同氏が代理人の了承もないまま、同日夕方にアップリンク公式サイトにアップした謝罪文を一部のメディアに交付していたと告げられたという≫
人を人とも思っていないんだろうな
目を見て、パワハラ被害者に直接謝れないとか

報道対応しかしないし悪いと思っていないという態度と評価する他ないね
法治国家及び民主主義国家である日本において、パワハラを未然防止出来んかった浅井隆氏は所詮3流の実力に過ぎんと酷評されてもまさに自業自得やけどね。そして、彼が言い訳せんで潔く法的責任を果たすのが当然やと言わざるを得ないねん。#要拡散
当事者になんの謝罪もせず、謝罪文を世間に公表してもたしかにそれはないよなあと思う。
そうだったんだ...なぜ、こういう時の加害者の謝罪は訴えた人に何もせず行うのか(既視感ありまくり)。やはりどこに目が向いてるかの問題なんだな。
アップリンクの浅井氏は、元従業員の原告たちに対してきちんと誠意を持って対応してほしい。対外的な謝罪はその後ではありませんか!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR