TOP > エンタメ > 「孔雀王」作者の荻野真氏が腎不全で死去 59歳 - おくやみ : 日刊スポーツ

「孔雀王」作者の荻野真氏が腎不全で死去 59歳 - おくやみ : 日刊スポーツ

1985年(昭60)に集英社「週刊ヤングジャンプ」で連載が始まり、アニメ化、映画化もされた漫画「孔雀王」の原作者で漫画家の荻野真さんが4月29日、腎不全で亡く… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(15)

びっくり…
オレと10しかかわらんのか。

- おくやみ : 日刊スポーツ
おはようございます。
腎臓を患っていたとはね。
合掌
なんと… ご冥福をお祈りいたします
🙏
結構昔から描いてるイメージだったけど、まだ59歳。早いのだわ… >>
合掌。孔雀王ははまったなあ。
59歳はまだ早いよ、ご冥福をお祈りします
曲神紀未完になったかあ。
まじで・・・ARGOも好きだった・・・ :
早すぎるよね、ご冥福をお祈りいたします
うわぁ…直接は関わりありませんでしたがいろいろと…。
心より合掌。
>>>
『拳銃神』も大好きでした、ご冥福をお祈りします―
ええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!
ご冥福をお祈りします
漫画家は座っている事が多いので、体に悪い職業なのは間違いないですが、それにしても若過ぎますね…
小学生の時に初めて読んだ孔雀王面白かったです
荻野真さんのご冥福をお祈りします
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR