TOP > エンタメ > 小林亜星が歌謡界にダメ出し「流行歌は滅びたね」 - 音楽 : 日刊スポーツ

小林亜星が歌謡界にダメ出し「流行歌は滅びたね」 - 音楽 : 日刊スポーツ

名作ドラマ「寺内貫太郎一家」のDVDが25日に発売される。同ドラマで頑固おやじを演じて俳優として存在感を示した作曲家小林亜星(83)は日刊スポーツのインタビュ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(257)

@boymen_yontafe @bm_ko_tan_tu_ji 小林亜星さんがこうおっしゃっています。
もう一度、世間が受ける歌を広めるためにはこのようなことも必要かと思います。
※ちょうど2年前の記事だが、改めて読み直すべき。
頑固おやじ
そうこれ。これが言いたいんだよ。見てるか紅白のスタッフ??
アイドル批判かと思ったら、演歌批判だった。(笑)
亜星さんらしい。
いちいちごもっともだけど、「パッ!とさいでりあ」もお忘れなく。とみたいちろうさんバージョンだけでなく、本人歌唱の「セルフカバー」も8センチでありました。とっくに廃盤かな◆
まだ生きてたのかと思ったけど、ピンピンしてそうだな。今小林亜星作詞の曲が出たら、どれだけ売れるだろうか? 少なくとも、私は聞いてみたい。
長渕剛や尾崎豊みたいな、感情を歌にぶつけるような歌手はおらんかも。寂しい。
ホンマ、久々に聞くわ。カスラックとの確執で姿を消した感があっただけに。
ガーサス!!!
コメントに「今さら感」「近頃の若い者は感」「言ってどうなる感」はあるが、同意しちゃう。うん、既に滅びてるyo。---
色んな要因がある。YouTubeなどで気軽に聞けるようになり、CDが売れなくなった。音楽は買う価値のあるものではなくなった。>
これ歌の世界だけの話じゃないよね。
どのジャンルも一度ファン層が確立されたら、その層へのウケ狙いで作品作りするようになって拡がりを捨てることになる。
★本当、そう。家族でご飯食べられないのって、幸せか?
まだまだ意気軒昂のようで。
演歌に対する意見はわかるわ。
最近見かけないので心配してたけどお元気そうで何より

【 】
DVDほしいわー
小林亜星さんも83歳か。どうしても「ぱっとサイデリア」のCMと、わくわく動物ランドのイメージがあって、もう。
- 音楽

まだお元気で、びっくりした。なんとなくうれしい。
まだご存命だったとは。一番はじめて買った作曲本は小林氏のだったw。例題が、なんかやたら6thコードが多かった記憶がある。
小林亜星が歌謡界にダメ出し「流行歌は滅びたね」日刊スポーツ - 病院のはしごには気をつけてもらいたいけど。
心に残る歌がないのは同意見です。
カラオケでも「今」の歌ほとんど入れませんし。
まだ元気にしてるんだな…
結論が家族主義って所が一番ダメっていうか、ご自身の責任を感じた方が良い。
いいインタビュー。流行歌、たしかにないなあ。誰もが知る大ヒット曲がない時代、選抜の入場行進曲選びも大変だろうな。プロフィールの「現在の体重は92キロ」笑った。/
家族でいることにメリットがなくなっちゃった時代だから仕方ないような…。亜星さんが滅びそうかもw
昔のアイドルの人たちの曲はわしら世代でも普通に歌える。頭に残る。聖子ちゃんとか明菜ちゃんとか言いたくなるくらいの親しみやすさ。存在が尊いんだけど曲もいい曲ばっかりだよ。
リアルバルパンサーの親父殿。
亜星さんの意見が正論過ぎてぐうの音も出ない>
こいつ、まともなことも言うんだな。近年のは歌番組なのに、カメラ演出や光線で誤魔化しすぎている。
秀逸な記事。たとえ流行しても個人差が激し過ぎるよな。「人それぞれ」って言葉で括りすぎ。
教材。久世光彦から学んだこと。
…長生きしてください貫太郎さん
確かに「流行歌」はなくなった。流行自体しなくなった。
曲とミュージシャンの回転が速すぎんだよ。定着する前にすぐ、次のトレンドが出ちゃう
小林亜星ってまだ生きてたんだ
息子の小林朝夫なんとかしろや。
訳:人の歌に寄生して美味しい思いが出来なくなったじゃねーか
小林亜星さん、もっと身長高いと思ってた。
『最近の楽しみは、酒を飲みに出掛け、バカ話をすることだという。』バカ話は大事。どれだけバカになれるか。 /
であれば、本当は言い出した本人が打開する道を考えるけれど…
やばい。寺内貫太郎一家のDVD欲しい!
日立の樹や大関、ガッチャマンの歌など皆が知っている歌が小林亜星の作曲だったのにただただ驚くばかり。
音楽について結構いいこと言ってる
なんで最後のプロフィールに体重のってんだよw NowBrowsing: :
...【権利保護】の名目でガチガチに規制してる張本人が何言ってんの?
もっと見る (残り約207件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR