TOP > スポーツ > 師匠急逝の東関部屋の力士、八角部屋が一時預かりへ - 大相撲 : 日刊スポーツ

師匠急逝の東関部屋の力士、八角部屋が一時預かりへ - 大相撲 : 日刊スポーツ

日本相撲協会は23日、都内で理事会を開き、東関親方(元前頭潮丸)の急逝で師匠不在となった、東関部屋所属の力士らを同じ高砂一門の八角部屋の一時預かりにすると発表… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(12)

預かりなんていう制度、今は無いよね?
高見盛ではないんだろうな、恐らく。
東関部屋の力士らは、これまで通りに東京・葛飾区の部屋で稽古や生活を送る
高見盛はいずれ部屋持ち親方になると思っていたが…。明日は番付発表です。 師匠急逝の東関部屋の力士、八角部屋が一時預かりへ(日刊スポーツ)
東関部屋の問題。八角部屋の一時預かりに。やはり振分では厳しいか。部屋が区有地に建てられているというのもあるかも。
確かに高見盛の振分親方に「経営手腕を発揮する」は厳しそう
元高見盛が部屋を継いで師匠ができるような気はしないものなあ →
「東関」株を保有したまま亡くなってしまい
部屋の後継者の指名が無かった為の暫定措置と
(;´・ω・`)
部屋が消滅するのではなく
後継が決まるまで理事長預かりで現状維持するんだと
この記事は突っ込まれるわな。。。
だって「高砂一門」だろ。。。
東関部屋は当面、八角部屋一時預かりに。
大山親方は停年再雇用だから継承できないしたかみーが継承するもんだと思っていたんだが(理由は推測した)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR