TOP > スポーツ > 新型コロナで引退延期…50歳華吹はまだ輝き続ける - 大相撲裏話 - 相撲・格闘技コラム : 日刊スポーツ

新型コロナで引退延期…50歳華吹はまだ輝き続ける - 大相撲裏話 - 相撲・格闘技コラム : 日刊スポーツ

幕内優勝の行方が混沌(こんとん)とする中、記録を打ち立てた序二段力士がいる。現役最年長の50歳、西序二段68枚目の華吹(はなかぜ、立浪)が、14日目に今場所最… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(11)

華吹さん、今場所もお疲れ様でした。
リアクションに困る記事だな。
1906年(明39)1月場所の鬼ケ谷以来、114年ぶりに50代力士として本場所を皆勤……相撲界にも50代の選手がいるのだな。立浪部屋ではちゃんこ長を務めてるそうだが一度食べてみたい。
っえ、立浪部屋の華吹さんに引退情報があったの…
立浪部屋。
華吹に引退と転職の話があったんだ!

☆新型コロナで引退延期... 50歳華吹はまだ輝き続ける - 日刊スポーツ
ええ話やん‼️今日で千秋楽です、誰が優勝🏆か、楽しみやん♫
50歳華吹も引退か?
1909年6月には57歳の大綱と54歳?の若木野の2人が50歳以上で現役だった。若者頭と兼務だったが。
大綱は休場ばかりだったそうだが、若木野は連日出場。
どんな相撲だったのか。
相撲界はこんなベテランが弟子を指導するのも一つの文化。
おい立浪親方。華吹に引退と転職の話があるというのは寂しい限りだけど、立浪部屋の厨房には華吹の力がまだまだ必要というコメントは嬉しいよ。あの至高の味付けは華吹ちゃんこ長あってのものだからな。

☆新型コロナで引退延期... 50歳華吹はまだ輝き続ける - 日刊スポーツ
華吹さんが14日目に今場所の取組を終えた。50代力士が本場所を皆勤したのは114年ぶり。
本人にはどうしようもない事情もあるが、50歳で土俵に立つ華吹さんに敬意を表する。
以上
 

いま話題のニュース

PR