TOP > スポーツ > 大相撲中継で名実況「あ、行司が消えた」 - 大相撲裏話 - 相撲・格闘技コラム : 日刊スポーツ

大相撲中継で名実況「あ、行司が消えた」 - 大相撲裏話 - 相撲・格闘技コラム : 日刊スポーツ

秋場所6日目、NHK大相撲中継で名実況があった。朝乃山-豪栄道戦、取組中に行司の木村玉治郎が足をもつれさせて転倒し、土俵下に落ちていった。NHKの佐藤洋之アナ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(24)

赤房下の審判を務めた竹縄親方(元関脇栃乃洋)は土俵上の力士2人を凝視し続けた。目の前に玉治郎が落ちてきながらも水おけを守った呼び出しの照矢は「びっくりしましたが、みんな無事で良かったです」。
「赤房下の審判を務めた竹縄親方(元関脇栃乃洋)は、目の前を横切って消えた玉治郎に目もくれず、土俵上の力士2人を凝視し続けた。これについて聞くと「相撲を見る方が仕事だから」ときっぱり。」
高評価の日
@nikkansports
両国国技館の実況席は結構高いところにあるみたいだから、モニターを見ながら実況してたら土俵外で何が起きてるのか見えないのかも。
>みんな無事で良かったです
ホントそうだねぇ…
この実況は聞いていたが”行事が消えた”はびっくりした。確かに土俵にいなかったので何事かとも思った。
行事は消える
これ、かつてのハンガリーのF1実況の「デイモン・ヒルどこいった!?」みたいやなww
うひゃー。なるほどいろいろとすごい。みんなプロ!
閣下だったら、なんておっしゃるだろうと、素朴な疑問を持った。
写真も瞬間をよく捉えてる
飛ぶキャッチャーならぬ飛ぶ行司
審判や呼び出しもプロだった。
竹縄親方は、目の前を横切って消えた玉治郎に目もくれず、土俵上の力士2人を凝視し続けた。「相撲を見る方が仕事だから」ときっぱり。玉治郎が落ちてきながらも水おけを守った呼び出しの照矢は「びっくりしましたが、みんな無事で良かったです」
佐藤アナのトーンだからまた良かったのかもね😚
リアルタイムで観てた(〃∇〃)
取組そのものよりも行司が気になって気になって(;´Д`)ハァハァ

大相撲中継で名実況「あ、行司が消えた」(日刊スポーツ)
???「その行司、消えるよ」
すっごい写真だなwwww
「行司が消えた」は草www
佐藤アナの名実況と、それを称賛しつつしっかりオチもついた記事にまとめる佐々木一郎さんのセンス素敵です。
これは確かに💦💦💦
洋之さんめっちゃほめられてる
佐藤アナ「張っていきました豪栄道、もろ差し狙いだ。巻き替えた朝乃山、右四つ。豪栄道が左の前まわしを引いている。あ、行司が消えた。上手投げ~、勝ったのは朝乃山。朝乃山が勝ったんですが、玉治郎が土俵の外に吹っ飛ばされてしまいました。朝乃山、これで連日の殊勲の星
以上
 

いま話題のニュース

PR