オリックス杉本裕太郎“最下位指名”決め手は「右の柳田」「将来の3冠王」 - プロ野球 : 日刊スポーツ

ツイッターのコメント(6)

何巡目になっても杉本の指名は決めていた
ライバル球団がいない情報を掴み最下位指名を決定した
色々凄いな。
>指名を検討したライバル球団はない、という情報を得て“最下位指名”が決まった。
>大企業の選手を10巡目で指名して、会社を納得させられるのかという懸念はあった。
>その懸念も、クリアした。
何位で指名されようが、スカウトは見込みがないと思って獲るはずがないので、本人の努力とその時の監督の見る目やよなぁと、ラオウを見ていてつくづく思う
「『脚力があって肩が強くてあの体で動ける。走攻守1つ1つ取ればスーパーな選手でした』。現在、編成副部長を務める牧田勝吾は、杉本の能力をそう語る。」
内実はどうあれ、牧田副部長のポジ表現力に毎度毎度感心する次第
>何巡目になっても「絶対に取ろう」と決めた選手がいた。JR西日本・杉本だった。「脚力があって肩が強くてあの体で動ける。走攻守1つ1つ取ればスーパーな選手でした」。
以上
 
PR
PR