ミカンでシンカー談議 西武潮崎哲也ディレクターが殿堂入りの高津監督語る - プロ野球 : 日刊スポーツ

同じ68年生まれ(誕生日も1日違い)であり、サイドスロー、そして伝家の宝刀シンカーで一時代を築いた。西武編成ディレクターの潮崎哲也氏(53)は、高津氏の野球殿… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(12)

グラスでモルック棒の持ち方談議をしても面白そう🥖ヾ(゚ω゚)ノ
西武編成ディレクターの潮崎哲也氏(53)は、高津氏の野球殿堂入りを「同じ時代をプロ野球で過ごした人間。とてもうれしい」と祝福した。
昨日の (ファミリー向け)で言ってた話コレか
現役終盤のこと。友利結氏も交え、熱いシンカー談議をしたことがある。夜の六本木の飲食店でばったり。もちろん白球など近くにない。「ミカンかリンゴない?」。そう店員にお願いした
> 「制球力は本当にすごい。本当に高さ、コースを間違えない。そこは私は全くかなわない部分だった」
この談義は聞きたい。
- プロ野球 : 日刊スポーツ

へええ高津さんと潮崎さん生年月日1日違いなの
また私の好きなみかんでシンカー話が
同じ68年生まれ(誕生日も1日違い)であり、サイドスロー、そして伝家の宝刀シンカーの使い手。
共通点の多い潮崎哲也編成ディレクターに、野球殿堂入りした高津監督を語っていただきました。

ミカンでシンカー談義も
凄いシンカー談義😊
現役終盤のこと。友利結(デニー友利)氏も交え、熱いシンカー談議をしたことがある。夜の六本木の飲食店でばったり。もちろん白球など近くにない。「ミカンかリンゴない?」。そう店員にお願いした。
以上
 
PR
PR