TOP > スポーツ > 阪神2軍本拠が鳴尾浜から尼崎市に移転 利便性も向上、25年2月供用開始 - プロ野球 : 日刊スポーツ

阪神2軍本拠が鳴尾浜から尼崎市に移転 利便性も向上、25年2月供用開始 - プロ野球 : 日刊スポーツ

阪神の2軍本拠地が、兵庫・西宮市の鳴尾浜球場から尼崎市に移転することが決定的になったことが14日、分かった。13日の尼崎市議会で小田南公園への移転誘致を正式決… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(12)

今ニュースでみたのですが、阪神タイガースの二軍本拠地が鳴尾浜から尼崎市に、正式に決まったみたいですね。駅から400m(徒歩5分)かぁ、行きやすそう。移転する前に鳴尾浜にも行ってみたいけど、新しい球場楽しみだなぁ!

(※オリックス・バファローズの二軍戦観戦です😤🤘)
この尼崎市の阪神タイガース2軍の新しい球場施設の場所って、以前はユニチカ系列の「ゴルフ練習場」だったところだよねw。ということは、由緒ある…大日本紡績の尼崎工場の跡地ということになるよね。阪神電鉄(株)にしても、言わば発祥の地近くへ帰ることになるね。
え!! なんで?!
鳴尾浜球場は
過去に一度だけ行ったが
入場料無料だからか超満員で
座るとこすらなかった!
入場料くらい払うから
座らせてくれと思った
それ以来二度と行ってない!
なんでも無料にすりゃいいってもんではない
価値が下がる

移転して有料指定席になるなら
行ってみたいね!
トイレに行ったことが全観客にバレてしまう構造もあと何年か
→ - プロ野球 : 日刊スポーツ
これを機に3軍制にするのかな?
鳴尾浜から移転するんだー
鳴尾浜狭いからね(^^;
それまでに鳴尾浜に見に行く事が
出来る様になって…🤲行きたいなぁ~

- プロ野球 : 日刊スポーツ
メインの「阪神タイガース野球場」は3階建てで最大収容人数は4000人。サブ球場(小田南公園野球場)、ミニサブ球場(阪神タイガース練習場)、室内練習場、選手寮なども併設。
最寄り駅の名前が「大物」ってのがいいねぇ!大物選手が育ちそうや!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR