TOP > スポーツ > ロッテ岡大海は今年こそ未完の大器から脱皮できるか - プロ野球 : 日刊スポーツ

ロッテ岡大海は今年こそ未完の大器から脱皮できるか - プロ野球 : 日刊スポーツ

ロッテ岡大海外野手(29)が好調だ。6番DHでスタメン出場し、3打数3安打。犠飛でのヘッドスライディング生還も含めた2得点と、存在感を見せた。練習試合での成績… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(14)

今年こそは好調のままで🙏🏻🙏🏻🙏🏻
元々素質はある選手だしなぁ。足しか評価されてない感じだけど長打力もあるし
目指せ!じゃなくて、目指すな垣内!
井口監督は「今年はキャンプの入りからずっといい」としながら、一方で「これくらいはできるとこっちは思っている」と手放しには褒めない。「そろそろ危機感を持ってやらないといけない年かと思う」と見つめている。
野球は確率の競技なので相手に勝負で負けるのは構わないのだが、「今のは何がどうしてこうなった?」みたいな不思議すぎるミス(?)が特に守備走塁で多い。
(福田秀さんも同系列の認識)

ロッテ岡大海は今年こそ未完の大器から脱皮できるか(日刊スポーツ)
今年こそはポテンシャル通りの活躍を!
ユニフォームも買っちゃったからね!
ひろみさーーーーん!!!!
無事に録音できて、記事にしていただけて良かった😂
一塁も外野も守れて、足とパワーがある右打者。岡が本物になれば、この上ない“新戦力”だ。
練習試合での成績も13打数7安打になった。打率5割3分8厘、長打率9割2分3厘。井口監督は「今年はキャンプの入りからずっといい」としながら、一方で「これくらいはできるとこっちは思っている」と手放しには褒めない。「そろそろ危機感を持ってやらないといけない年かと思う」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR