TOP > スポーツ > 南場オーナー「1年で困難が終わるのは楽観的すぎ」 - プロ野球 : 日刊スポーツ

南場オーナー「1年で困難が終わるのは楽観的すぎ」 - プロ野球 : 日刊スポーツ

プロ野球オーナー会議と日本野球機構(NPB)の社員総会が14日、都内で行われた。20年度(20年10月~21年9月)の収支予算、事業計画が承認され、新型コロナ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(10)

> 議長のDeNA南場オーナーは球界全体の経営状況に「今年1年で困難がすべて終わるのは楽観的すぎる。来季になればすべてコロナ禍の影響から解放されるという球団はない」と受け止めた。
その通りなんだよなあというかこのタイミングで南場さんみたいな実績も経験もある経営者がプロ野球界にいて良かったと思う
マスコミ出身者中心じゃなくて

- プロ野球 : 日刊スポーツ
1年で困難が終わるのは楽観的過ぎ・・・・か。
まぁ正式な治療薬が確立されていない限り、そうなるよな。
仰るとおり!
10月から下期。
上期の赤字をみて
世の中の会社は
バブル崩壊の時のように
リストラの嵐になりそうで
怖い(苦笑)。
あの程度の戦力で優勝しかありませんよと言うのは楽観的すぎ
新型コロナの影響で前期比で約6億3000万円減額で約8000万円の黒字を見込む。
的確な判断やね。来年もスポーツ観戦の在り方が問われると思います。
「今年1年で困難がすべて終わるのは楽観的すぎる。来季になればすべてコロナ禍の影響から解放されるという球団はない」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR