TOP > スポーツ > ロッテ種市が右肘トミー・ジョン手術、長期離脱へ - プロ野球 : 日刊スポーツ

ロッテ種市が右肘トミー・ジョン手術、長期離脱へ - プロ野球 : 日刊スポーツ

ロッテは14日、種市篤暉投手(22)が横浜市内の病院で右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建手術(トミー・ジョン手術)を受けたことを発表した。術後4週間はギプス固… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(10)

ロッテはチーム状況がよく分かっている。
澤村獲得も理にかなっている。
井口監督は「長期的に離れるので非常に残念ですが、さらにパワーアップした種市を来年後半に見られればいいなと思っています」
・ジョン手術、長期離脱へ(日刊スポーツ)

これは痛い。かなり痛い。
しかし彼の将来を考えたら致し方がない。
沢村に頑張ってもらいましょ
ロッテ種市が右肘トミー・ジョン手術、長期離脱へ(日刊スポーツ)

辛い、、
千葉ロッテの若きエース候補
種市投手がトミージョン手術を受けた事が球団から発表されました。
これで今年の復帰はほぼなくなりました。
西武戦での完封が記憶に新しい種市投手。
来シーズン以降の復帰・活躍を祈ります。
チームでは今季、西野勇士投手(29)も6月30日にトミー・ジョン手術を受け、リハビリを続けている。また19年1月には大嶺祐太投手(32)も同手術を受け、今年9月1日の西武戦(ZOZOマリン)で1軍復帰登板を果たした。
うーむ、完封の代償は思った以上に大きかったのか…
あぁぁ種市パイセン😭😭😭😭😭
あああ柿の種コンビの片割れが(´・ω・`)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR