TOP > スポーツ > 「衝突系」はミスが多くなる/宮本慎也氏の守備論2 - プロ野球 : 日刊スポーツ

「衝突系」はミスが多くなる/宮本慎也氏の守備論2 - プロ野球 : 日刊スポーツ

#野球には夢がある 日刊スポーツ評論家、宮本慎也氏(49)の「守備論」第2回は、選手名を挙げながら、具体的な技術をタイプ別に深掘り。二塁手と遊撃手の違いも、自… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(12)

野村ヤクルトの名手からアマ時代から評価を得ていた源田壮亮‼️
宮本慎也さん
#真夏のセンバツ #センバツ #選抜高校野球 #真夏のセンバツ
#プロ野球 #甲子園
#阪神甲子園球場 #宮本慎也 #ヤクルトスワローズ
#高校野球連盟
これ面白いね。宮本はそういう考え方なんだ。でも最速で取ってってなると、打球にぶつかっていくことになるよね。
こういう考え方ホント好き。笑
田中くん褒めてたあの時の解説だ~(⌒∇⌒)
<深掘り。>

#野球には夢がある 日刊スポーツ評論家、宮本慎也氏(49)の「守備論」第2回は、選手名を挙げながら、具体的な技術をタイプ別に深掘り。
外野フライでも同じこと言えるなぁ。
“広島の小園はいかがですか。

宮本 彼は「衝突系」の選手。どうかなぁと思っていたけど、入ったチームがよかった。”

“田中(広)は堅実なタイプ”

“小園は自分と違うタイプのお手本があるから、よくなっている”
> 宮本 スローイングって繊細で大事なんですよ。スローイングが悪い内野手って、本当にうまくなるのが難しい。スローイングに不安があると、そこが気になって捕るのにも影響が出ちゃう。
以上
 

いま話題の記事

PR