TOP > スポーツ > オリックス宜保が離脱、右手有鉤骨疲労骨折で手術へ - プロ野球 : 日刊スポーツ

オリックス宜保が離脱、右手有鉤骨疲労骨折で手術へ - プロ野球 : 日刊スポーツ

オリックスは18日、宜保翔内野手(19)が右手有鉤(ゆうこう)骨を疲労骨折したと発表した。宜保は17日の練習中に右手首付近に違和感を覚え、大阪市内の病院を受診… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(12)

糸原と同じ右投左打で右の有鉤骨骨折した宜保は5月半ばに発覚してついこの前に実戦復帰したところ。場合にもよるけど復帰には2ヶ月くらい必要なんじゃないかな。
若い選手がこういう形で離脱するのは辛いですね・・・
マジか、、有鈎骨を故障するのは強打者の証と捉えるか握力低下を招くと捉えるか。素質は間違いないし怪我がちな選手になってほしくないな。溝脇みたいな未来が見える。
開幕スタメン有り得たのにな、、痛い、、
けどまだ高卒2年目。焦らんと治してほしいな
宜保怪我かい、、、
影響ないとええけど
西野と一緒やなぁ
しかしこんなときに怪我せんでも…
宜保のケガはマジでショックや……。
宜保。。。涙
ええええええ😭😭😭やっと開幕が見えて来たかなって時に…練習しすぎたんやろか?😭
今シーズン大丈夫かな…
オリックス宜保が離脱、右手有鉤骨疲労骨折で手術へ(日刊)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR