阪神井上プロ初打席初球弾の裏に先輩助言と材質変更 - プロ野球 : 日刊スポーツ

甲子園をアーチで沸かせた男が、プロでも特大アーチでデビューした。阪神ドラフト2位井上広大外野手(18=履正社)が15日、社会人・四国銀行との練習試合(安芸)で… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(11)

脇が絞まっとるねぇ。( ^ω^ )
阪神井上(履正社)プロ初打席初球弾の裏に先輩助言と材質変更
この後なかなか打てなかったとしても今日の一本はまぐれじゃないんだよね。
一流になる選手ってこういうのを持ってるからなぁ👍😋
▽阪神北川2軍打撃コーチ(井上の打撃に)「普通にすごい。並のルーキーではない。正直、まだ穴は多いがパワー、スイング力のすごさはある。結果として打てている。1年間かけて日高(打撃兼分析担当コーチ)と一緒に、彼のいいものを出してあげたい」
阪神井上プロ初打席初球弾の裏に先輩助言と材質変更(日刊スポーツ)
甲子園をアーチで沸かせた男が、プロでも特大アーチでデビューした。阪神ドラフト2位井上広大外野手(18=履正社)が15日、社会人・四国銀行との練習試合(安芸)で代打から出場し初打席の初球で初本塁打を放った。(日刊)
甲子園をアーチで沸かせた男が、プロでも特大アーチでデビューした。阪神ドラフト2位井上広大外野手が15日、社会人・四国銀行との練習試合(安芸)で代打から出場し、初打席の初球で初本塁打を放った(日刊)
☆彡阪神井上、1歳上の先輩助言でプロ初打席初球本塁打
「小幡さんから、打席に入る前に1回フルスイングしたら緊張がとれるからと言われて」と、1歳上の先輩野手からの助言に感謝した。

阪神井上、1歳上の先輩助言でプロ初打席初球本塁打
以上
 
PR
PR