TOP > スポーツ > 森祗晶氏「捕手術を話し合った」野村克也さん悼む - プロ野球 : 日刊スポーツ

森祗晶氏「捕手術を話し合った」野村克也さん悼む - プロ野球 : 日刊スポーツ

ヤクルト、阪神などで監督を務めた野村克也さんが死去した。元巨人選手、西武監督の森祗晶氏 突然の訃報に接し、大変驚いております。野村さんに、最後にお会いしたのは… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(19)

ワイハの森さんの談話はあるが、元東芝の落合さんの談話は見当たらないね。合掌。
ノムさんが亡くなったか…
近代野球の父・球界の吉田松陰とも呼ぶべき存在でしたな。
野球に限らず、勝負事に関わる多くの日本人が、大なり小なり影響を受けたのでは。
遺した哲学と言葉は、生涯をかけて噛み砕く価値があるんじゃないでしょうか。
ご冥福をお祈りします
〉野村さんのお宅にお邪魔して、パ・リーグ(シリーズ対戦相手の阪急)の選手の特徴など教えてもらったものです。

森監督のコメントもう出てた(^^;
それにしてもすごい信頼関係。
痺れるなぁ。。。
野村ヤクルトと森西武が二年連続で顔を合わせた日本シリーズ、歴史に残る名勝負だったな…。両監督の采配、愛弟子の古田・伊東捕手の対決など、見所が多かった。
のちに指導者となる選手も沢山育てたノムさん。含蓄のある言葉、楽しみにしていました。御冥福をお祈りします。
よく比較されたお二人だけに寂しいだろうなぁ
1992年と1993年はプロ野球界に残る激闘。
当時の日本シリーズは、『ザ・日本シリーズ』と呼ぶに
ふさわしく野村さんと森さんだからこそできる試合だった。
特に92年は延長4試合で壮絶な戦いで、思い起こせばこれが
森監督の最後の日本一。
あの、コメントにもないんですけどベイスターズの監督だったことも忘れないでね😭ふきんしんかもだが
お互いの家に寝具一式があると言われたぐらいに親密だったからなぁ。→森祗晶氏「捕手術を話し合った」野村克也さん悼む(日刊スポーツ)
「監督同士でも西武-ヤクルトの1992、93年の日本シリーズは、今でも忘れられない戦いです。お互いに手の内を知り尽くした相手でしたが、采配やよう兵など、1戦1戦が最高のシリーズだったと思っています」
>監督同士でも西武ヤクルトの1992、93年の日本シリーズは、今でも忘れられない戦いです。お互いに手の内を知り尽くした相手でしたが、采配や傭兵など、1戦1戦が最高のシリーズだったと思っています。
ヤクルト、阪神などで監督を務めた野村克也さんが死去した。

元巨人選手、西武監督の森祗晶氏
名捕手同士、互いの力を知り尽くした者同士・・
森祇晶さん「捕手術を話し合った」野村克也さん悼む -

「西武ヤクルトの1992、93年の日本シリーズは、今でも忘れられない戦いです。お互いに手の内を知り尽くした相手でしたが、采配や傭兵など、1戦1戦が最高のシリーズだったと思っています。」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR