TOP > スポーツ > 「マー君、神の子、不思議な子」/野村語録一覧 - プロ野球 : 日刊スポーツ

「マー君、神の子、不思議な子」/野村語録一覧 - プロ野球 : 日刊スポーツ

15コメント 登録日時:2020-02-11 10:57 | 日刊スポーツ[野球]キャッシュ

プロ野球南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執った野村克也さんが死去したことが11日、関係者の話で分かった。84歳だった… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(15)

この言葉が1番しっくりくるかな?
マー君、忘れないで‼️後はあぶさんの南海かな?

- プロ野球 : 日刊スポーツ
マー君 神の子 不思議な子

野村監督と栗山監督の采配対決は観戦しがいがあった
札幌ドームが熱かった
ルンバは東京ドーム、確か走ったランナーは矢野謙次。
日本シリーズの最後のバッターも矢野だったしなにかと縁があるんだよね笑
選手・監督・ご意見番としても野球に長く広く深く貢献された方。
また多くの人間・野球人を育てられた方。
野村さんが残されたものは日本の野球の中でずっと継承され生き続けると思います。
>◆勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし 
「勝因には奇跡やまぐれがあるが、敗因にはセオリーから外れるなど必然性がある」の意。

ボヤきの中に、きらりと光る
「マー君、神の子、不思議な子」
野村⚾️語録一覧
オレの中で「ルンバ」が永遠の1位(笑笑)
勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。試験の本質もこれなんでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。
とにかくいつも、明るくて、楽しくて、おもしろい監督。
さみしいです、、、
「マー君、神の子、不思議な子」/野村語録一覧(日刊スポーツ)
良い写真
プロ野球南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執った野村克也さんが死去したことが11日、関係者の話で分かった。84歳だった。野村さんは数々の名言を残した。
野村さんの格言で忘れてはならないのが「勝ちに不思議の勝ちあれど負けに不思議の負けなし」だと思う。これは野球に限らず、あらゆる勝負事の鉄則だと思う。
以上

記事本文: 「マー君、神の子、不思議な子」/野村語録一覧 - プロ野球 : 日刊スポーツ

いま話題の記事