TOP > スポーツ > 広島田中広輔が27打席無安打、不振責任背負い込む - プロ野球 : 日刊スポーツ

広島田中広輔が27打席無安打、不振責任背負い込む - プロ野球 : 日刊スポーツ

13コメント 登録日時:2019-04-09 22:35 | 日刊スポーツ[野球]キャッシュ

広島田中広輔内野手が6試合連続27打席連続無安打で、打率を1割8分4厘に落とした。昨季対戦打率3割超のヤクルト原の前に4打席凡退。3つの飛球アウトを献上した。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(13)

まだまだ私は失望してないよ!
長野を一番にしてもいいんじゃない?
オープン戦での小園との併用の影響が、本人の調整不足として出てきているのでは?
元々固め打ちするタイプだけど、ここまで苦しんでるのは初めて見たかな。好きな選手なのでなんとか復調を願うばかり。
今がいちばん辛いときかも知れんが、このトンネルを抜けたときどんな風景が見えるのか、オレは楽しみにしてる。
“切り込み隊長の不振が打線の不振と重なり「僕がしっかりしていれば勝てる試合もあった。何とか早く貢献できれば」と、開幕10試合で借金4のスロースタートの責任を背負った。”
ヒットじゃなくてもえんよ。。。
これは、二軍落ちでしょ?
コースケさん……ワシにできることは…復調を信じて応援することしかない。。。
広輔頑張れ(;_;)
粘ることも堅守も出来てないからねー。開幕から数試合は順調だったのに。
- 広島東洋カープ : プロ野球 : 日刊スポーツ
以上

記事本文: 広島田中広輔が27打席無安打、不振責任背負い込む - プロ野球 : 日刊スポーツ

いま話題の記事