TOP > スポーツ > 原監督、中田翔ら強打者に/有鉤骨骨折の主な選手 - プロ野球 : 日刊スポーツ

原監督、中田翔ら強打者に/有鉤骨骨折の主な選手 - プロ野球 : 日刊スポーツ

日本ハムは4日、清宮幸太郎内野手(19)が都内の病院で精密検査を受け、右手有鉤骨の骨折と診断されたと発表した。3日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)の9回… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(12)

有鉤骨骨折は強打者の証。あまり強打者じゃない人がいきなり登場しているが。
06年に栗山選手も有鉤骨骨折してるな。空振りしたときに折れてしまった

その打席で満塁ホームラン打って離脱した
おいおい、杉谷拳士が抜けてるぞ?
周平の名前が
な〰️い❗(T-T)
原さんはこれが致命傷になったって言ってなかったっけ?

原監督、中田翔ら強打者に
有鉤骨骨折の主な選手
原監督、中田翔ら強打者に/有鈎骨骨折の主な選手(日刊スポーツ)  実はこんなに有鈎骨骨折がいたの?グータッチの原監督も?中田翔も?でもスイングスピードと合ってないのはやはり問題ですよね
原🆚津田の衝撃的な結末は今でも覚えているよ。インパクトで受ける圧が大きい長距離打者には付き物なんだけど、右投げ左打ちの選手は投げることも出来なくなるから辛い怪我なんだよね。
名前がない
原さんは津田さんの豪速球を打った時になったんだよなあ。
以上
 

いま話題のニュース

PR