TOP > スポーツ > 西武菊池雄星 左肩の張りで抹消 念のため検査へ - プロ野球 : 日刊スポーツ

西武菊池雄星 左肩の張りで抹消 念のため検査へ - プロ野球 : 日刊スポーツ

10コメント 登録日時:2018-05-06 11:48 | 日刊スポーツ[野球]キャッシュ

 西武菊池雄星投手(26)が6日、出場選手登録を抹消された。 鈴木球団本部長は「以前から左肩の張りがあった。投げられないわけじゃないが、(登板後の)肩の張りの… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(10)

オープン戦期間中の3月14日に寝違いから肩の張りを発症。その時から、肩の状況が良くないという。今後は、念のため病院で検査を受ける。検査日は未定。
まぁこの前調子悪かったしな
開幕からおかしかったし、何事もないこと、祈ります。。
オープン戦の時期からみたいやから納得。チーム状態のいい今のうちでよかった →
今シーズンは全然ダメだったし、しっかり治した方が良い。
幸い貯金はあるし、焦る事ないで。
絶対雄星隠してたよなぁ
雄星抹消… 中5日が響いたのかな? 先発がいない、頑張れライオンズ!!
おいおいおいおい   ◆
>コンディション不良という状況なので、(辻)監督、土肥(投手コーチ)と話して、1回、外しましょうということ。肩が痛いとかではなく、肩の張りが長引いている感じ
以上

記事本文: 西武菊池雄星 左肩の張りで抹消 念のため検査へ - プロ野球 : 日刊スポーツ

いま話題の記事