TOP > スポーツ > 大谷、右腕に違和感訴えMRI検査 結果待ちの状態 - MLB : 日刊スポーツ

大谷、右腕に違和感訴えMRI検査 結果待ちの状態 - MLB : 日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(26)が、右腕の違和感を訴え、MRI検査を受けたことが明らかになった。球団広報が明らかにした。試合中に検査を受けたとみられる。現状では… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(34)

そっちかぁ〜今週末のレンジャーズ戦の中継かぁ〜(そっちかよ💦
今年も二刀流はムリか。
エ~~ッ⁉ってかやっぱりか~~今朝の試合もな~んか球速上がらん感じだったもんな~~どうか大事ありませんように。
絶望的とかやめてくれよ……頼むよ……
めちゃくちゃ心配なニュースやん
大谷クンは、MLBでは、投手としての能力よりも打者としての能力の方が突出してると思うので、打者としての出場機会を減らすようなことはヤメて欲しいです😑
大谷くん心配だよう…。そして田中の復帰が順調にいくように願ってやまない。実戦登板そろそろのはず…。
これは心配。しばらくは打者専念で様子見でしょうか。|
“右腕の違和感を訴え、MRI検査を受けたことが明らかになった。球団広報が明らかにした。試合中に検査を受けたとみられる。現状では結果待ちの状態。”
(日刊スポーツ) 無理しないで&させないで欲しい🥺
トミー・ジョン手術とは肘の靱帯断裂の再建手術。1974年にドジャースのチームドクター、フランク・ジョーブ博士によって考案された。

初めてこの手術を受けたトミー・ジョン選手に因んで、この名が付いた。
怪我はとても心配。スペックに身体が耐えられないのか。とにかく大事に至らないことを願います。
あー・・・。壊れてしまいましたなぁ・・・。
1回と2回での球速に差が大き過ぎたので何か起きたと感じたし監督も何か感じて早期に降板させたのだろう。もう二刀流はみられないか?
手術がうまく行かなかったのかな?

(日刊スポーツ)
やっぱりそうか😨
交代直前急に球速が140km台後半に落ちたから観ている側も違和感があった。
調整に無理があったかどうかは分からないけど、軽傷であってほしい。

打撃の方にも影響がないか心配だね😰
前回の故障の時と同じ症状で降板していきました
急激に球威が下がった
え、、、お願いだから無事であってくれ、、
「2回に2者連続の押し出し四球を含む、5四球で崩れた。直球の最速は28球目に97・1マイル(約156キロ)をマークしたが、降板直前には1番スプリンガーに対しては90マイル(約145キロ)前後に急激に減速。47球目は89・1マイル(約143キロ)だった。」
心配だなぁ😥
どうか大事に至りませんように。
打者一本でやって欲しい
どうなってしまうのか...
求不要出事!!
はよ野手転向しようや
大谷投手最後の打者に投げたボールの球速がガクっと落ちてましたよね。心配ですね。
これはもう投手アカンかもしれんね
二刀流ピンチ😣
初回は150キロを超える速球を投げていたのに、2回から急に140キロくらいにスピード落ちてたもんな…
とにかく無事を祈ります🤲
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR