TOP > スポーツ > 大船渡・佐々木「期待裏切って」7失点敗戦に号泣 - 高校野球 : 日刊スポーツ

大船渡・佐々木「期待裏切って」7失点敗戦に号泣 - 高校野球 : 日刊スポーツ

「岩手の新怪物」が負けた。最速157キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(2年)が東北大会出場切符をかけ、盛岡大付戦に先発。5-5の7回に死球と暴投で傷口を広げ、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(11)

頑張りました😊
お疲れさまでした。
そらそーよ
結局佐々木だけだからそれ対策すりゃそーなるわ
悔しい思いが強くする!来年もっとすごい怪物になってるね、きっと。
辛い。166球も投げてて明日も10時から試合とか・・・
何も背負わないでいいのに
大船渡・佐々木「期待裏切って」7失点敗戦に号泣(日刊スポーツ) ●岩手も4強からはキツいわな、モリフ花巻東と
メディアが無駄にプレッシャーをかけ過ぎたから、このコメントが出てきてしまったのでは?
モリフは仕方ない・・・
大事に育って来年甲子園目指そう!
>5-5の7回に死球と暴投で傷口を広げ、決勝点となる適時打を浴びるなど2失点。最速は2回に計測した154キロ、9回を投げ10安打10奪三振7失点だった。
3位決定戦に勝てば東北大会、そして勝ち上がれば選抜が待っている。大船渡に楽しみをもたらして欲しい‼️/大船渡・佐々木「期待裏切って」7失点敗戦に号泣(日刊スポーツ)
さすが盛附、怪物キラー健在。大谷も打ったし。明桜も見習わなければならないチーム☺️
秋に号泣。これまでを振り返れば、試合後のコメントなどではいつも「地元のために」「先輩のために」という言葉。声援や先輩の思いに応えたいという強い気持ちを感じます。背番号1の責任感なのかも知れませんし、それだけ心優しい選手なんでしょうね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR