TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > 大阪桐蔭・西谷監...

大阪桐蔭・西谷監督の原点は日本ハムの育成システム - 高校野球 : 日刊スポーツ

21コメント 登録日時:2018-04-04 20:21 | 日刊スポーツ[野球]キャッシュ

 大阪桐蔭の西谷浩一監督(48)が春夏6度目の優勝を飾り、PL学園・中村順司監督に優勝回数で並んだ。智弁和歌山との決勝戦では7回にエンドランをしかけ、1番宮崎… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

Twitterのコメント(21)

日ハムの育成システム👏
4月の記事ですが、なるほどなあと思いました。
高校野球をリスペクトしている栗山監督といつか対談してほしいなあ・・。
プロアマ協定もあるから、栗山監督がファイターズの監督じゃなくなったら、実現するかな・・。
選抜の時の記事が出てきた。ハムの育成システムが史上初・2度の春夏連覇をみちびいたのかー。今年のドラフトの主役もハムになりそうな予感。
そう考えるとやっぱり育成(経験や選手の負担)を考えたらトーナメント制よりもリーグ制の方がいいんでは🤔
大阪桐蔭の選手育成は日本ハムがヒントになってるのか♪
それにしてもやはり西谷監督は素晴らしい指導者だわ!
西谷監督、ベビースターはほどほどにな/
毎年選ばれた20人程しか入部できないから、「へたくそ」はいないよね。。。高いレベルの中での競争。
やっぱ日ハムやで!
そう、控えだろうがなんだろうが、実践こそが最大の育成。
沢山試合を経験させてあげる事が育成段階では大切なのはどの競技も一緒ですよね。
西谷親方、外見も太っ腹だが、中身も太っ腹で大きなお腹に負けず心の広い方だなあと思う。当面大阪桐蔭の天下続きそうだね。
最近はそういう考え方が必要なんだな。自分の時は、這い上がってこいだった。これが普通だと思っていた。
これよ、これ
チャンスを掴む下地を作ってあげるのが指導者ってもんよな
>指導哲学で大きな影響を受けたのは、日本ハムの「育成システム」だった。就任当初は「へたくそは試合に出なくていい」という考えを持っていた。「
日ハムは育成選手いないから2軍戦の打席数保障ができるのかも。1軍出場は勝ち取るべきだと思う。
ファイターズの育成システムから!
>「2軍の若い選手に、年間の打席数を保証するというのを読んだ。プロ野球でも、そんなことをするのかと思った。目からうろこが落ちた。高校生なら、なおさら失敗も成功も経験したほうが伸びるんじゃないか。
我々の頃は、B戦なんてなくてね〜
ヘタクソは、3年間でチャンスは一度っきり、、、
それをつかむかどうかだったなぁ〜
西谷さんていつも相手をリスペクトして丁寧にインタビュー話すよね。
そうですか。根尾君は日ハムですか。
絶対ハムより大阪桐蔭の方が強いと思う。
以上

記事本文: 大阪桐蔭・西谷監督の原点は日本ハムの育成システム - 高校野球 : 日刊スポーツ

関連記事