TOP > スポーツ > ロッテ佐々木朗希の幼なじみ・及川恵介捕手が歩く道 - 野球手帳 - 野球コラム : 日刊スポーツ

ロッテ佐々木朗希の幼なじみ・及川恵介捕手が歩く道 - 野球手帳 - 野球コラム : 日刊スポーツ

ロッテ佐々木朗希投手(18)の投球を初めて見た人は、一様に驚いていた。2月、石垣島キャンプ。球団、球界関係者たちは「この速さを高校生が普通に捕っていたのがすご… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(12)

めちゃくちゃ良い、読んじゃう文。
幼なじみと追う夢の道、重圧と恐怖心に苛まれながらも必死で駆け抜けたのかな。
こういう進路もまたある。
人それぞれ歩く道は違えど胸を張れる青春に拍手。これこそ素晴らしい記事。
さすが、かっけーな笑笑
@O_Keisuke517
野球をやめてしまったなんて‥。すごいキャッチャーだと思っていました。
「野球は…やめました」。..........か!
捕手好きからすると本当に身に染み渡る言葉ばかり。及川君自身もいい人なんやろなぁってのが伝わるいい記事やねぇ(✳︎^8^✳︎)
でも内海獲得のために巨人に入団させられた捕手みたいに、人生を踏み外す事態になりかねないからね。
地に足をつけた決断かと。
野球辞めちゃってるの勿体ないなぁ・・・
#ロッテ #佐々木朗希 #大船渡
数日前から緊張し、今も余韻が残る、たぶん一生忘れない取材です。1年前から続くモヤモヤがだいぶ晴れました。あらためて、及川恵介君なくして佐々木朗希投手の今はないと、つくづく感じます。
相棒に夢を託し、これからは1人、わが道を歩く。「この職業に就きたい、という明確な夢はまだないんです」と言う。入試の志願書にはしっかり書いた。「少子高齢化が進んでいる。高齢者に生きがいや、楽しいことを。そういう街づくりをしたい」。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR