TOP > スポーツ > 馬淵監督「見なあかん」車止め松井始球式…因縁は続く - 野球手帳 - 野球コラム : 日刊スポーツ

馬淵監督「見なあかん」車止め松井始球式…因縁は続く - 野球手帳 - 野球コラム : 日刊スポーツ

 明徳義塾の馬淵史郎監督(62)は運転していた車を止めた。8月5日。時計の針は午前10時半を差そうとしていた。「始球式を見なあかん」。所用で学校に立ち寄り、高… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(54)

これはマジでやばい。
済美🆚星稜は延長戦、すごいゲームになってますよ!
「一億玉砕」と言っていた戦中の日本軍の上層部より絶対正しい。

「弱いチームが格上の相手にどうやって勝つか。1年間、つらい練習に耐えてきた選手たちに、監督が『玉砕してこい』とは言えない。1点差の展開だったし、あの試合は運命なんよ」
当時の選手たちがまさか星稜と済美の監督やってるとは…すごい運命…
松井敬遠の馬渕監督、まだ監督やってたのか
馬淵監督、あの時俺と同い年だったのか。
まだまだドラマは続くのね、すごいな。
済美vs星稜の楽しみ方が1つ増えました ➡
おいおい人ごとだな、クソ馬淵
車で見てる場合じゃねーだろ
甲子園で正座して見ろ!
なぁに美談にしてるの?『玉砕してこいとは言えない』って自分とこの選手信用しとらん証拠じゃん。あの松井秀喜さんと勝負して抑えられたら自信になるし自慢できるって思わんのかな?やはり馬淵はカスだわ。
様々なバッシングや見解がありますが、あの試合は今でも記憶に残り、『(敬遠よりも)チームが負けたことが悔しい』と語った高校生は、後に国民栄誉賞を受賞する大スターとなった。
なんかすげえこれ
-  教育の一環と言うのなら、今後世に出て行く高校生相手に良い事も悪い事も正攻法も奇襲も教えないと意味は無い。辛い練習に耐えた教え子を勝たせる。立派な教育だ(個人的意見)
「弱いチームが格上の相手にどうやって勝つか。1年間、つらい練習に耐えてきた選手たちに、監督が『玉砕してこい』とは言えない。1点差の展開だったし、あの試合は運命なんよ」なるほど
いい話だな。この人なりに見届けているというか。
強者に対して弱者が勝つ為に策を打った。
プロの監督でも出来ない人が多いのにね。
それを高校野球でスターに対してやったから
物議を醸しただけで。
いろいろ面白いね
勝つ事より大切なものがあることをこの時教えて貰った。
部活動は教育です。勝利こそが全てですか?「強い者からは逃げろ、長い物には巻かれろ」が教育ですか?高校生の時分からそんなこと教えなくても、大人になれば嫌でも身につきます。若い子にチャレンジさせないのは大いに疑問です。この人のことは当時から嫌いです。
松井5敬遠の指示をした馬淵監督は当時30代だったのか。当時は賛否はあったけど若くしてこういう決断を下したことに凄みを感じる。
済美と星稜の監督が馬淵監督の教え子って、ものすごい因縁めいているな

馬淵すげ
#因縁の対決
高知の明徳義塾の馬渕監督って
松井秀喜が高校生の時代から明徳で指揮してたんだな。
まさか星稜が次に当たる済美の監督があの時の生徒とは、、、今年は星稜にいろんなドラマがあるな~
ヒドい采配だった。それが真実でしょ。
星稜と済美の試合は、間接的ではあるが因縁の対決になるのか。
日本代表のパス回しと同じようなケース。
こっちはかなり叩かれた。
>つらい練習に耐えてきた選手たちに、監督が『玉砕してこい』とは言えない。
この一言でこの監督の人間って人の「こまさ」、「小ささ」が伺えるわ。
へー、これは知らなかった、んで済美も強いわけか
【「済美が星稜と戦うが、どうなるんやろ? 楽しみやな」。済美の中矢太監督は「5敬遠」の時の教え子。松井氏との星稜戦では、三塁コーチと伝令役を務めた。】
2回戦で対戦する済美と星稜の両監督が、それぞれ当時(26年前)の明徳義塾と星稜のメンバーだったのは興味深い/
済美の中矢太監督は「5敬遠」の時の教え子。松井氏との星稜戦では、三塁コーチと伝令役を務めた。星稜の林和成監督は当時2年生で出場していた
日本対ポーランド戦みたいな話だな
/

次の試合因縁すごすぎ
>済美の中矢太監督は「5敬遠」の時の教え子。

今年の星稜はいろいろと因縁とかが付いているな。
済美の中矢太監督は「5敬遠」の時の教え子。松井氏との星稜戦では、三塁コーチと伝令役を務めた。星稜の林和成監督は当時2年生で出場していた。初戦を突破した両校はくしくも、2回戦で対戦する。
鳥肌すげぇ立った。
記事タイトルの内容が気になってリンク飛んで読んだけど、記事最後に書かれている因縁のつづきがあること知らなかった!これは興味深い一戦となりそう!
「済美の中矢太監督は「5敬遠」の時の教え子。松井氏との星稜戦では、三塁コーチと伝令役を務めた。星稜の林和成監督は当時2年生で出場していた」
このふたりが再会して対談するなら今年の甲子園がいちばんベストなタイミングだと思ったけどなぁ。
26年たっても、ドラマは終わってなかったのか…
この人の凄い所は絶対的に勝ちに拘る姿勢と全責任を背負って指揮を取っている所。当時の事を一切ブレる事なく責任から目をそらす事なく生きてる所じゃないかな…
済美戦にも因縁有りなんや...
星稜絶対勝て!!
確かに、当時は批判殺到で高校生らしくなかったと思う。長い月日が経っても馬淵監督の策略が話題になるのは正に名監督、選手想いの監督だからだと思う。怖いオーラはテレビからも伝わるが、それでも明徳(馬淵監督)が嫌われないのは立派な教育者だからだ。
>済美の中矢太監督は「5敬遠」の時の教え子。

え、そうなのか!
済美の監督が松井敬遠のときの選手だったのか、運命的な初戦だったんだな >
この記事を読んだら、運命もしくは宿命の強さを感じましたね。これも野球の神様の計らいなのでしょうか。
因縁は続いているけど、それだけ時も進んでいるんだ。
「弱いチームが格上の相手にどうやって勝つか。1年間、つらい練習に耐えてきた選手たちに、監督が『玉砕してこい』とは言えない。

松井秀喜は後にヤンキースの4番に。
馬淵監督の目は確かだった。
“「済美が星稜と戦うが、どうなるんやろ? 楽しみやな」。済美の中矢太監督は「5敬遠」の時の教え子。松井氏との星稜戦では、三塁コーチと伝令役を務めた。星稜の林和成監督は当時2年生で出場していた。”
馬淵の爺さんまだまだ元気やな
以上
 

いま話題のニュース

PR