TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > ヤクルト大下、胸...

ヤクルト大下、胸を張っての“凱旋登板”は遠くない - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ

13コメント 登録日時:2019-04-15 10:54 | 日刊スポーツ[野球]キャッシュ

ヤクルト大下佑馬投手(26)が、故郷の地で今季への思いを一層強くさせた。4月9日広島戦で2番手として9回のマウンドに上がった。先頭に四球を与えるも、その後はし… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

Twitterのコメント(13)

(社会人時代、広島との練習試合で)「先発したのに9失点くらいして、ボコボコにやられた。広島は当時のベストメンバー。どうやって打ち取ったらいいか、分からなくなってしまうくらいだった」
ヤクルト大下、胸を張っての“凱旋登板”は遠くない(日刊スポーツ)

大下が推し選手って訳ではないけど、今でこそ掌返しみたいになってるけどドラフト指名時に「スワローズファンから」担当スカウトも含めて散々ディスられていたのを忘れてないからねこっちは
ヤクルト大下、胸を張っての“凱旋登板”は遠くない(日刊スポーツ)

"ヤクルトからドラフト2位で指名された時にも、強力な広島打線のイメージが払拭できていなかった"

大下君、君まだカープから点取られてないだろwww謙遜は良くない。
頑張って〜、この前マツダで観れてよかった✨
プロ入り後はそのカープ戦もよく抑えてるけどね。大下はもっと評価されていい選手。
“田中、菊池涼、丸ら主力がずらりと並んだ広島とマツダスタジアムで練習試合を行った。三菱重工広島のエースとして先発を任されたが、3回持たずにKOされたという。「先発したのに9失点くらいして、ボコボコにやられた。”
2位獲得で、周りからとやかく言われたし、お膝元苑田部長からも順位は?とされていたが、こうやって凱旋登板するのは良いこと
カープは杉山も獲られてるし、町田さんとのパイプはいかに?
>CSに向けた調整のため田中、菊池涼、ら主力がずらりと並んだ広島とマツダスタジアムで練習試合を行った。三菱重工広島のエースとして先発を任されたが、3回持たずにKOされたという。
日刊さん、相変わらず良い記事書いてくれるな〜!
今年、更に安定感が増してくれてる!
多分、中澤くんが上がった事で12連戦で一度先発に廻ると思うので、自信を持って胸を張って投球してくれるの楽しみにしています!^^
この記事に書かれていないところでは昨年広島相手に9.2回無失点。数少ない昨年の広島打線を抑えられる投手だった。今季広島戦初登板も無失点。どこまで対広島無失点記録を続けられるか。 → on @nikkansports
大下くん、がんばって!
ああ泣きそう
以上

記事本文: ヤクルト大下、胸を張っての“凱旋登板”は遠くない - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ

関連記事