TOP > スポーツ > 批判はすべて受け止める/13年巨人V時の長野手記 - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ

批判はすべて受け止める/13年巨人V時の長野手記 - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ

巨人がリーグ連覇した13年の秋、日刊スポーツは長野久義外野手(34)に優勝の手記を頼んだ。一部を抜粋する。----◇--◇----「野球とは、人生そのものであ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(10)

こんな選手もいるんですなぁ。
長野、広島でも頑張れよ
昼食を食べながら手記を読んで、職場なのに危うく涙がこぼれそうになった。なんとか堪えたけど、家で読んでたら号泣してたな…。
この2013年に巨人が優勝したときの長野の手記に感激して、スクラップして未だにとってある。サザンオールスターズの「栄光の男」は、自分の人生を歌っていると吐露した。その歌詞は『生まれ変わってみても栄光の男にゃなれない(中略)喜びを誰かと分かち合うのが人生さ』
今頃ひっくり返すのは野暮だとは承知しているが、この記事内の手記を読むと、長野が頑ななまでに巨人にこだわったのは、果たして自分の意思によるものだったのだろうか?とも思う。いずれにせよ、一野球ファンとして、悔いのないプロ野球人生を送ってほしいと思う。
取引先の方にまで励まされてしまった。やっぱり、長野選手好きだなぁ。これかも応援しよう。
@monamoma07 それ、前言ってはった記憶ある‼️下の手記とか堀内元監督のブログ他の球界関係者やファンの人達の声を読んで、素晴らしい選手がカープに来るんだと実感した。
批判はすべて受け止める/13年巨人V時の長野手記(日刊スポーツ)

だめ…ツラくて耐えられない…
復活したサザンオールスターズの「栄光の男」という曲が耳に入ってきた。
以上
 

いま話題のニュース

PR