【トーマス・バッハ】IOCバッハ会長の凄まじい嫌われっぷり 広島訪問「警備費」県と市負担にネットで大ブーイング!|日刊ゲンダイDIGITAL

<五輪のパフォーマンスに利用された感じ><別に来なくて良かったのに><で、何しに来たん><塩撒きたい気分> 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が先月16日、広島を訪問した際の警備費用約379...

ツイッターのコメント(10)

当たり前 自分で払いなさいよ、屁でもないでしょあなたにとってこの金額。トップのドケチ度で有能無能わかると言う事がわかった。
日本側が計画したわけではなさそうだから本来は訪問を希望したIOC側が負担すべき。
そうでなければ費用負担を求められた者が拒否したら実施しないのが当たり前。
組織委が調整役だろう。金の目途もつけずに実施しあのか?
#バッハ会長 #組織委
国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が先月16日、広島を訪問した際の警備費用約379万円を、県と市が折半して負担することがわかった。

広島市民は政府・政権から『踏んだり蹴ったり』ですね!
参議院の補欠選挙・今回の詐欺師?恐喝屋?
お金絡みで、県の財政を圧迫
国民は傲慢なバッハ会長にウンザリしている。コロナ禍なのに広島まで「遠征」したことに対する批判も強い。そのうえ、警備費用を県と市に押しつけたことが発覚し、怒りが爆発した
公開日:2021/08/13!
バッハ会長が広島を訪問したのは「ノーベル平和賞狙い」のため、というのは知られた話だ。広島市長と被爆団体が「原爆が投下された8月6日に五輪選手が黙とうするようにしてもらいたい」と要望しても冷たく一蹴した…私利私欲のためには何でも利用しポイ捨てする五輪貴族ども
日本から金を巻き上げに来てるだけだからね。盗人猛々しい。🙄
この記事が事実なら、県と市が支払うのは仕方ないな。でも、黙祷を断られたなら、訪問を無しにすれば良かったんじゃないかな。
IOCのバッハ会長が、広島を訪問した際の警備費用約379万円を、県と市が折半して負担することがわかりました。県と市が組織委員会に支払いを求めて、拒否されたことが報じられると、ネット上では反発の声が広がりました。いかにバッハ会長が嫌われているか証明した格好です。
以上
 
PR
PR