TOP > その他のニュース > 【中島宏之】原巨人「実力至上主義」でも“低空飛行”中島起用の特別扱い|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

【中島宏之】原巨人「実力至上主義」でも“低空飛行”中島起用の特別扱い|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

12コメント 登録日時:2019-07-25 13:27 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 実力至上主義――巨人原監督の口癖だ。 4年ぶりに復帰して迎えた今春のキャンプイン前日のミーティングでも第一声は、「実力至上主義、勝利至上主義。目標は日本一」だった。「それなのに、あの人だけは特別扱い、と選手は口にこそしないものの、明らかに不満に思っているのが、中…...

ツイッターのコメント(12)

ナカジくびにしろ
よその選手やけど。
色々大変そうやね。あのチームだけに。
原巨人「実力至上主義」でも“低空飛行”中島起用の特別扱い(日刊ゲンダイDIGITAL)  西武時代は素晴らしい選手だったけど、マイナーリーグで無駄な3年を過ごして、ほんとダメな選手になった。そして西武に復帰せずにオリックス行ってジ・エンド。
表向きは、実力主義で、内面は、自分が好きになった選手や信者になった選手を使うのでしょー。
どう見ても、今の時点で、中島、岩隈ほお払い箱でしょー。
ストーブリーグが楽しみかな。
めずらしくゲンダイがまともな記事書いてる
原の言う実力至上主義ってのは過去の栄光優先って意味だからな
ゲンダイと初めて気が合ったよ
愛人枠というものがありまして…
★実力不足で早期の引退へ自覚を促すための代打起用では?
【原巨人「実力至上主義」でも“低空飛行”中島起用の特別扱い】
最初からいらんもん取りやがってって感じでまだ一軍に居て打たない。一体どこにそんな価値があるのか。年俸1億5000万?2000万でも高いわ。
来季は育成契約で帰ってくるかい?元ミスターライオンズさん
二軍でも打率.200だったにもかかわらず、3週間弱で一軍に再昇格
「その後も打率.151と低空飛行。それでも一軍にいて、今季53打数で三振は20。さすがに、ナインの不満が表面化するのは時間の問題でしょう」
以上

記事本文: 【中島宏之】原巨人「実力至上主義」でも“低空飛行”中島起用の特別扱い|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

いま話題の記事