TOP > その他のニュース > 日刊ゲンダイ > 【東京五輪】東京...

【東京五輪】東京五輪招致めぐる贈収賄で捜査 JOC竹田恒和会長の“正体”|日刊ゲンダイDIGITAL

18コメント 登録日時:2019-01-12 15:07 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 来年に東京五輪を控える日本オリンピック委員会(JOC)と政府に衝撃が走った。 フランスの検察当局は11日、2020年の東京五輪の招致を巡る贈収賄疑惑でJOCの竹田恒和会長(71)の訴訟手続きに入った。 そもそも竹田会長とはどんな人物なのか。 1947年、…...

Twitterのコメント(18)

電通が必死にニュース抑えてるらしいけど、フランス検察当局がJOC竹田会長を起訴したってよ。
↓↓↓
「オリンピック委員会連合総会で安倍首相の挨拶が終わると、次にスピーチする竹田は安倍の“お見送り”で退場。バッハ会長が前倒しで登壇「JOCを代表しご挨拶します」と皮肉タップリに切り出し場内爆笑。政治家にペコペコするJOC会長に多くの委員たちがあきれ顔だった。」
ポンコツ過ぎて笑えないレベル。
《竹田さんはJOCは今後どうあるべきかというプランを提示できず、20年東京五輪も国のバックアップで成功したようなもの。だから竹田さんは安倍首相にまったく頭が上がらないのです》
ゲンダイのもう一本の記事はそもそもこの竹田恒和なる人物とはいったい何者なのかを掘り下げた記事。こちらのほうが今度の事件を知る上では面白い記事だと思う。竹田が仕事ができないゆえに引き起こされたという見立ても含めて。
大河ドラマを観ている。きっと良い脚本なんだろうが、この報道が影を落としてワクワク感はない。
1/12日刊ゲンダイ:
おっけー。
本丸はやっぱり安倍のヤローだ
皇室好きで知られる初代会長の堤義明さんが竹田さんを推した。しかし、竹田さんは20年東京五輪も招致委員会は広告会社に戦略を丸投げする形になり、国のバックアップで成功したようなもの。だから竹田さんは安倍首相にまったく頭が上がらないのだ
「冒頭の安倍首相の挨拶が終わると、次にスピーチするはずの竹田会長は安倍首相の“お見送り”で場内から消えていた。IOCのバッハ会長が前倒しで登壇し、「JOCを代表しご挨拶します」と皮肉タップリに切り出して場内は大爆笑」>
金を配るしか能のない安倍首相の類友だと。して、その配った配った金の出どころは?🙄
なんだ父親は731部隊か。
【基本情報】
日本終戦 1945年8月15日
宮家の皇籍離脱 1947年10月14日
竹田恒和会長誕生 1947年11月1日(旧皇族竹田宮恒徳王三男)
ヒュンダイがなんか言ってるがお膳立てしないと何もできない人だけが逮捕されることは違和感だなー
日本人が後ろから斬ってどうするんだよ。ゴーンの件に対するフランスの報復だぞこれ。

/
以上

記事本文: 【東京五輪】東京五輪招致めぐる贈収賄で捜査 JOC竹田恒和会長の“正体”|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事