TOP > その他のニュース > 日刊ゲンダイ > 【原辰徳】内海と...

【原辰徳】内海と長野を戦力外に…原“全権”監督の大ナタは理解できる|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

26コメント 登録日時:2019-01-12 10:34 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 FAの人的補償で内海哲也(36)を西武に、長野久義(34)を広島に流出させた巨人が批判にさらされている。矛先は原辰徳監督(60)にも向いているようだ。3度目の登板となった今回、球団から編成面の権限も託されている。メディアでは仰々しく「全権監督」と報じられているから、2人の功労者…...

Twitterのコメント(26)

それだったら、変にメジャー帰りなどのベテランや枠超える量の新外国人を獲ってくるな、と。センターラインや捕手を20代連中で回して"土台"を固めれば良いものを・・・
そうかね?日本野球という意味ではなじまないと思うよ。
自分の見方はこの記事の内容に近い。讀賣球団の方向性は特段の違和感を感じない。残念ながら昨年比で大幅に陣容が整備され、ビヤヌエバ、クックといった外国人選手の期待値も高い。
いいぞ、権藤さん。
(FAで巨人に戻ると思ってるかもしれない選手が)チャンスで集中力が出るか疑問でも、戦力を削げるから獲った。巨人の選手が広島ベンチにいるのと同じ。
スポーツにおいて生え抜きにこだわる意味というのはほとんど無いと思っている。チームの勝利の為に真剣なプレーをする選手であれば、それだけでいい。---
原の暴力団への金の受け渡しで高橋が急遽監督になったんじゃなかったか?それなのに高橋の後釜に監督になるってどんだけ腹黒なんだよ。原黒?キャンプ中に暴力団との関係すっは抜かれればいいんだ!!!
「選手の賭博、反社会的勢力との癒着などで叩かれ辞職せざるを得なかった原辰徳の、ほとぼりを冷ますための時間稼ぎをして、原が復帰しやすいように決して優勝せず、中〜上位の順位を保つ」という任務を完璧に遂行したんだから、高橋由伸はいい仕事したよ。
さすが、アメリカナイズされた権藤やな。
ゲンダイは正直好きではないが、これに関しては割とマトモな記事だな。
日刊ゲンダイが壊れてしまった。インタビュー記事とはいえ、書いている内容がまともになっている。
同意ですな。
ゲンダイにしてはまともな記事…
と思ったら権藤さんなのね(´・ω・)笑
甘い話は最初だけというのは世の常。
この記事は権藤のオヤジか?
言いたい事はよ〜くわかるが
日本人は浪花節のDNA が染み付いているんや
判官贔屓って言うのが日本人や
"監督は「やっぱ外様大好き!」(日刊ゲンダイDIGITAL) - ヤホー!ニュース
多分感覚的に権藤さんに近い考え方だな
この点は権藤さんに同意!
両選手の移籍は仕方がない。原の前政権はクルーン、小笠原、ラミ、村田の活躍によるもの。今回も似た形式では長続きしない。安定したチーム作りは多分無理であろう。
現代にしてはいい記事。さすが権藤さん。
いや、岩隈と中島を獲得して、この2人をプロテクトしないことが理解できないんだが。
炭谷のFA獲得なんて西武ファンからすれば「良いトレード」ですよ?
さすが、平成唯一のベイ優勝監督。名将。まさにコレ。ようやくこういう記事が出てきた…か。
さすが権藤アニキ( ¨̮ )و✧
権藤博さんの意見。割と同じ考えです。
銀仁朗獲得の大チョンボだけは誰にも理解できない
以上

記事本文: 【原辰徳】内海と長野を戦力外に…原“全権”監督の大ナタは理解できる|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事