TOP > その他のニュース > 【東京五輪】JOC竹田会長の「政治五輪」象徴コントにバッハ会長が苦言|日刊ゲンダイDIGITAL

【東京五輪】JOC竹田会長の「政治五輪」象徴コントにバッハ会長が苦言|日刊ゲンダイDIGITAL

13コメント 登録日時:2018-12-05 07:03 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 世界から笑いものにされた。 3日、国際オリンピック委員会(IOC)と東京五輪組織委員会の調整会議が都内で始まった。ここでは暑さ対策が課題となる競技の実施時間変更について協議。機械オンチや読み間違いで話題の桜田五輪相も出席したが、手持ちの原稿を「ノーミス」で読み切った。…...

Twitterのコメント(13)

「昔の日本」なら尊敬されていたけど今や日本はどこの国からも信頼なんてされていない。
「パトリオティズム(愛国主義)は健全な心の持ち方で、それがナショナリズムに変わったとき、我々はそれを許すことはできない」>
いちもうだじん
「…根本的な精神は薄れ、パワハラなどスポーツ界で不祥事が起きると『国が何とかして』となりますが、国が介入すればスポーツではなくなる。いつまで経ってもスポーツ界は良くなりません」
11月28日に都内で開催された各国オリンピック委員会連合総会で世界中の失笑を買う者がいた。冒頭、安倍首相の挨拶が終わり、アハマド会長から「続いて、JOC竹田会長のスピーチです」と紹介されたが、周囲から「彼は出て行った」という合図が・・
安倍マリオなんてやった時から、ヤな予感しかしなかったけれど、どこまでも五輪を政治利用する気なんだな。
1936年のナチス政権下のベルリン五輪がチラついて仕方がない。

【東京五輪】JOC竹田会長の「政治五輪」象徴コントにバッハ会長が苦言|日刊ゲンダイDIGITAL
日本の悪いところが見透かされているよね。世界の恥。それが国内で報道されない悲喜劇。----
世界から笑いものにされた。
 …「今回、竹田会長がスピーチより安倍首相のお見送りを優先させた事で、
日本政府とJOCの関係や立ち位置が、世界各国のスポーツ界に見透かされてしまいました
世界では、スポーツ界は政治から独立した組織。安倍晋三にペコペコするJOC竹田会長の行動にバッハ会長が苦言を呈するのは至極当然。古き恥ずべきしきたりや常識から早く目を覚ました方が良い。首相であれ国民への奉仕者と捉えるべきでしょ。
アベとその取り巻きがやっているのは政治ではなく「おせいじ」のレベルなんだが・・。
「王様(ape)」のお見送りで自らの挨拶をスカ。
流石、竹田恒泰のお父様!
独裁国家っぽいね

【東京五輪】JOC竹田会長の「政治五輪」象徴コントにバッハ会長が苦言|日刊ゲンダイDIGITAL
バカ安倍の太鼓持ちはどこに行っても恥さらし。
以上

記事本文: 【東京五輪】JOC竹田会長の「政治五輪」象徴コントにバッハ会長が苦言|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事