TOP > その他のニュース > 広島34年ぶり日本一は悲願も…「タナキクマル」の複雑胸中|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

広島34年ぶり日本一は悲願も…「タナキクマル」の複雑胸中|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

12コメント 登録日時:2018-10-27 13:04 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 26日、日本シリーズの前日練習に臨んだ広島。34年ぶりの日本一を目指す裏で“懸案事項”を抱える選手がいる。 国内FA権を取得した丸佳浩(29)だ。今季はリーグ2位の39本塁打。最高出塁率(.468)のタイトルを獲得した。 CSでも本塁打2発。オフには「FA祝儀」…...

ツイッターのコメント(12)

このマインドが日本シリーズ敗北を招く。ただでさえ2位には負けられないというプレッシャーがあるのに。
タナキクマルの胸中って言うよりも最悪の
事態を考えた時のドラフト選択やぞ
タナキクマルだって開花するまでに時間かかってるしそういうのも踏まえた育成をベースにしてるのがカープ
丸の国内FA取得の日に松田オーナーが即日慰留明言してるんですがねぇ、嘘を書かないようにね日刊ゲンダイさん。あ、日刊ゲンダイだったかwww
ほんまゲンダイってしょーもない記事しか書けんのやな
クソくだらねぇ記事が溢れるこの季節。
球団もケチったらダメですね。絶対に他球団にいってしまいます。順位が低迷します!
さすが日刊ゲンダイ

バカすぎてお話にならん
年齢考えたら5年先10年先の主力候補を確保しておくのは当たり前。そのための小園獲りだろ。ゲンダイの飛ばしじゃねぇか。
丸って たった2億1千万しか貰ってないんだ!(*°∀°)
今日から下見なんでしょ? バンク行きの。
@Carp_Jikkyo 去年鈴木清明が何も会話してないとは思えないんだけどなあ
以上

記事本文: 広島34年ぶり日本一は悲願も…「タナキクマル」の複雑胸中|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

いま話題の記事