【安倍晋三】「安倍国葬」は明らかに違憲! 憲法をないがしろにする自民党の政治手法|日刊ゲンダイDIGITAL

20コメント 2022-08-09 06:23|日刊ゲンダイ

ツイッターのコメント(20)

落ち着いた、アベ「国葬」の憲法解釈。
意気込みは「キシダええかげんにせえよ、お前がバカじゃニカイ!」、理論は冷静に。
もともと筋金入りの保守派憲法学者である小林節先生。
でも立憲主義は絶対に譲らない。
2022年8月9日
【史料】


→この人、竹田恒泰氏のお師匠さんなんですが、やっぱり共産党なんですかね?赤旗とか共産党の動画とかでも常連みたいなのですが。
自民党政権は法治主義(法律に従った権力の行使)、
法の支配(憲法の優位性)を露骨に踏みにじり
恬として恥じていない。こんな自民党に改憲を語る資格がないことは明らかである
🔴国葬は憲法違反🔴
自民党政権は法治主義(法律に従った権力の行使)、法の支配(憲法の優位性)を露骨に踏みにじり、恬として恥じていない。
安倍なんぞの国葬は !!
閣議決定が憲法に優先するなら国会は不要。明治時代にもあり得なかったことをやってる安倍・菅・岸田政権。
安倍晋三氏のお別れ会をやりたきゃ岸田首相が自腹を切れ
”現在一つだけ法律で決められている国葬は天皇の大喪で皇室典範25条に明記されている。そして、それを内閣が執行する手続法が内閣府設置法4条である。しかし、元首相の
自民党政権は法治主義(法律に従った権力の行使)、法の支配(憲法の優位性)を露骨に踏みにじり、恬として恥じていない──自民党は公党の資格を失っています。
▶《こんな自民党に「改憲」を語る資格がないことは明らかである。》
国会で堂々と審議して法律を制定してから挙行することが、憲法が命ずる「安倍国葬」の手順である。にもかかわらず、岸田政権は、憲法尊重擁護義務を負う内閣が、憲法の上に立つという矛盾を犯した。
「安倍国葬」が違憲であることは否定しようがない。国葬とは国の意思と名と負担で行われる最も格が高い追悼式で、歴史的にもめったにあることではない。だから、国権の最高機関・国会が制定した法律上の根拠があって行われるべきものである。
結びの言葉
自民党政権は法治主義(法律に従った権力の行使)、法の支配(憲法の優位性)を露骨に踏みにじり、恬として恥じていない。
こんな自民党に「改憲」を語る資格がないことは明らかである。
憲法25条はわが国に対して「福祉国家」であることを命じている。にもかかわらず、自民党政権は「新自由主義」と称する弱肉強食資本主義政策を推進して福祉国家を破壊してしまった
以上
 
PR
PR