【橋下徹】世間を欺くひと芝居 「法律顧問」契約を解消した橋下徹と大阪維新の会の関係|日刊ゲンダイDIGITAL

21コメント 2022-04-16 06:25|日刊ゲンダイ

ツイッターのコメント(21)

上海電力問題発覚へのリスクヘッジだった感
サルシバイ

【橋下徹】
世間の目を欺く橋下徹と維新
橋下徹が所属している芸能事務所タイタンの罪も大きいと思います
選挙で決着を❗
💩
✅維新の目的は世間の空気に合わせて発言をコロコロ変え権力を掌握すること。 
✅どんなに不当で矛盾なことでも自分に不利益なことは知らないふりをする(橋下談)
✅維新は橋下がひねりだしたウンコ
確かに維新は「うんこ」だ。でも関西のテレビはこの「うんこ」をありがたがってる。
橋下徹は著書で「どんなに不当なことでも、矛盾していることでも、自分に不利益になることは知らないふりを決め込むことだ」と述べている人物である。維新はその橋下がひねりだしたウンコに過ぎない。
>維新とその周辺は「講演料」として橋下に1回につき216万円を支払い続けてきた。
適菜先生によれば、トオルちゃんは言動が支離滅裂で、世間の空気に合わせて発言をコロコロ変え、権力を掌握するらしい。野党も、根本は変えずに、その場の雰囲気に合った話が出来るよう訓練されては如何か?特に共産党さんは!
世間欺くひと芝居 法律顧問契約を解消した橋下徹と大阪維新の会の関係 橋下は著書でどんなに不当なことでも矛盾していることでも自分に不利益になることは知らないふりを決め込むことだと述べている人物。維新はその橋下がひねりだしたウンコに過ぎない
「法律顧問」契約を解消した橋下徹と大阪維新の会の関係>小学生でも見抜ける欺瞞を恥ずかしげもなくやれるのは流石!破落戸教団·維新の教祖だね😔
橋下は著書で「どんなに不当なことでも矛盾していることでも、自分に不利益になることは知らないふりを決め込むことだ」と述べている人物…維新はその橋下がひねりだしたウンコ…
 法律顧問契約を解消した橋下徹と大阪維新の会の関係|日刊ゲンダイDIGITAL
大阪維新の会の法律顧問だった橋下徹が、3月末で党との契約を解消していたとのこと。橋下は2015年末に政治家を引退後、日本維新の会の法律政策顧問と大阪維新の法律顧問に就任。
橋下は7年近くコメンテーターを続けており、「政治的公平性」について再三批判を浴びても無視し続けてきたのである。一体どの口で「懸念がある」などと言えるのか?
作家適菜収氏コラム
⚫️【橋下徹】世間を欺くひと芝居。
👺 参院選対策の為に、大阪の人達をダマす為の作戦という考え方は的を得ていると思う❗️
コヤツ、初めは原発反対を主張していたくせに、利権の為に変節の男‼️
アハハ、ウマいこと言ってる。日刊ゲンダイより。

橋下は著書で「どんなに不当なことでも、矛盾していることでも、自分に不利益になることは知らないふりを決め込むことだ」と述べている人物である。維新はその橋下がひねりだしたウンコに過ぎない。
要するに、ウクライナ情勢などを巡り、橋下と維新の主張が食い違うことが多くなってきたので、夏の参院選も控えていることだし、世間の目を欺くために一芝居打ったというのが実情だろう。
以上
 
PR
PR